【インタビュー】みきなつみ、迷いなく媚びも群れもしない自信と決意の3rdミニアルバム『ありのままピーチ』

ツイート

■アーティストってみんなが言えないことを言う人がかっこいい
■そこをさらけ出している人ほど憧れられる


――では、今回のミニアルバム『ありのままピーチ』の話を聞いていこうと思うのですが、聴き終わった時、なんだかすごく女の子でよかったなって思える6曲でした。“女の子”なんて年齢じゃないですけど(笑)。

みきなつみ:いえいえ、女の子はいつまでもずっと女の子です(笑)。

――それに、まさにありのまま、自分は自分でいようという清々しさがみなぎっていますよね。

みきなつみ:そう、自分でいよう。それです。私は結構カッコつけちゃうというか、ダメなところを隠しちゃうタイプなんですよ。今もそうだけど、上手に喋れないし、ライブのMCなんかも苦手だから、頑張ってそういうとこ見せないようにしようって思ってやっているんです。だけど、それが私でいいんだなって。その自分を愛してくれる人たちを私は愛すればいいし、嫌いな人は嫌いでいいよって。好きになってくれる人に全力で歌を届ける、それでいいじゃないかって。

――少し前になりますが、元チャットモンチーの高橋久美子さんに歌詞を見てもらった時、「そのままでいいんだよ」と言われたことで安心したというお話もされていましたね。

みきなつみ:はい。高橋さんに歌詞を見てもらって、そんな風に言ってもらえたのは大きな転機になりました。だけど、飾らず自分が思った言葉をそのまま書けばよかったのに、なんだかちょっと遠回りをしていたんですよね。そういう部分でも、今回はちゃんと自分を出せた。やっぱりアーティストって、みんなが言えないことを言っている人がかっこいいと思うし、そういうところに惹かれるものだから、そこをさらけ出している人ほど憧れられるんだと思うんです。自分も結局は言えない人間だからこそ、歌う側に立ったのならば、そこは代弁していきたいって思っています。

――「ぼくにとってのヒーロー」には、そういう原点に返って音楽を楽しむんだという気持ちが溢れている気がしました。

みきなつみ:そうですね。すごく楽しもうって思いながら作った曲なんですが、もう思い出したくない!っていうくらい歌詞を書き直した曲でもあります(笑)。本当に思い出したくない(笑)。


――そんなにですか(笑)。

みきなつみ:どうせまた何か言われるんだろうなとか思いながら何度も書き直して提出して、「もう出せないんじゃない?」みたいな雰囲気にまでなったけど、そうはさせないぞ!って思いながらまた書いて。一度全部真っ白にしたりもしたけど、結局は最初に書いた歌詞がベースになりましたね。

――さっきの話じゃないですが、そういうことも1年前だったらできなかったんじゃないですか?

みきなつみ:絶対に受け入れてないですね。人に歌詞を直されるのは大っ嫌いだったから。私がこれがいいと思って出しているのに、どうしてダメって言われなきゃいけないんだろうって思っていましたから。まぁ、子供でしたよね(笑)。人の意見を聞けなかったんです。それが間違っていたとは思わないけど、今は、作品をよりよくしていくための意見なんだから1回聞いてみればいいじゃんって思えるようになったんです。実際によくなっているわけだし、大人の言うことが全部間違っているわけじゃないんだなってわかったというか(笑)。

――これもまた変化ですね(笑)。

みきなつみ:しかも、気がついたら後輩とかに言ってるんですよ。「あとになってちゃんとわかるから!」とか(笑)。自分が言われたことそのまんま言っていて、びっくりしちゃいました(笑)。どんな大人だって経験してきた時間とか年月を考えると間違いなく先輩ですからね。聞いてみるもんだよなって。

――そういう変化の一つとして、今回はほとんどの曲を元UNISTのGAKUさんと共作されていますよね。

みきなつみ:そうなんです。1人で作ることがかっこいいとか、1人じゃなきゃいやだって勝手に思っていたけど、全然そんなことなかったんですよね。一緒にやってみたらめちゃくちゃ楽しかったし、「私ってこういう曲も作れるんだ」っていうことも知ることができた。頑固になっていただけだったなって思いましたね。

――みきさんの場合、どんな人と一緒にやっても自分の軸となる部分がブレることは絶対にないから大丈夫ですよ。幅はどんどん広がっていくと思うけど、芯がブレることは1000%ないと思います(笑)。

みきなつみ:(笑)。関わる人が多い分、新しいアイデアも増えますからね。なんであんなに1人にこだわっていたんだろうって、今は思います。やってみるって大事なことだなって思いましたね。

――では他の曲についても聞いていきたいのですが、10月16日には、アルバムの1曲めに収録される「サヨナラあなたを好きだった私」の配信がスタートしますね。

みきなつみ:これは友達の失恋話を聞いて作りました。好きな男の子がいて、すごく仲良くしてくれていたのに、その男の子が本当に好きだったのは彼女の友達だったんです。私のことを好きなのかなって思っていたのに、いつの間にかその友達と付き合っていて、一緒に帰っているところを見ちゃったって。私もそっちのタイプだから、めちゃくちゃわかるんですよ。

――恋愛というよりも、男子が話しやすい女子みたいな。

みきなつみ:そうそう(笑)。私、結構可愛い友達が多いから、そこと繋がるために利用されていたんだなってパターンはよくありました。だから、死ぬほどその子の気持ちがわかったんです。これは絶対曲にしてその子を応援しようと思ったから、サウンドも絶対に暗くなんかしない。失恋ソングでしっとりしたバラードも大好きだけど、これをバラードになんかしたらその男に負けた気がするじゃないですか(笑)。泣く気なんてないし、むしろお前のことなんかもともと好きじゃないし!ぐらいの曲にしたかったから、これは絶対にポップで明るい失恋ソングにしたかったんです。

――そんな風に、自分ではない誰かの気持ちをベースに歌詞を書くことはこれまでもあったんですか?

みきなつみ:いや、これまでは自分のことがほとんどでしたね。今回はメロ先行で後から歌詞を書く曲がほとんどだったんですが、じっくり考える時間が持てたこともあってか、「私、こういう風にも書けるんだ」っていうのがあったんですよね。


――なるほど。では逆に、一番自分自身が出ているのはどの曲だと思いますか?

みきなつみ:自分ベースとなると「come back to me」かな。これはいつもの作り方で作った曲なので、言ってみればみきなつみ節の1曲かなと。本当に小さな部屋でのお話なので、歌う時も話しかけるような感じを意識しました。失恋した直後の痛みみたいなものを書いているんですが、それが痛ければ痛いほど、もう同じことは繰り返さないぞって気持ちになると思うんですね。そうやって女の子はもっと強く、綺麗になっていくんじゃないかなと思っていて。そんな気持ちを思い出してもらえるような1曲かなと思いますね。

――「ニタモノドウシ」も、最後の最後はちゃんと一歩踏み出す気持ちが描かれています。

みきなつみ:これは恋人との倦怠期を歌っています。嫌いになったわけじゃないんだけど、なんとなくお互いの心が離れていっていることに気づく瞬間ってあると思うんですね。長く付き合っていると特に。ずっと一緒にいるとどんどん似た者同士になっていくからこそ、ちょっとした気持ちのすれ違いとかで離れていくのかもしれないけど、同じように、ちょっとしたきっかけで最初の頃の気持ちを取り戻せるんじゃないかって思うんです。そういう人達の背中をそっと押してあげられたらいいなと思って作りました。

――「ヒヤシンス」は、枯れた花を切り落とさないと新しい花が咲かないというエピソードから生まれたそうですね。

みきなつみ:あるドラマを見た時に、そういうことなんだって知ったのがきっかけでした。ヒヤシンスって、色によっては花言葉が「嫉妬」とかもあるからこういう曲で大丈夫かなと思ったんですが、やっぱりそのエピソードで書いてみたかったんです。私の年齢って、短大や専門学校に行った人だとちょうど新社会人1年目なんですね。友達の話を聞いていると、仕事辞めたいみたいなことを言っている子が結構いて。でもそういう変わり目の時期って必ず訪れるものだし、実際私にも、音楽1本でやっていこうと決めて高校を卒業した時にその波が来たんですね。だからその時の気持ちはすごくよくわかる。切り落とすのが友達との時間なのか人なのかそれぞれ違うと思うけど、誰かのための人生じゃなくて自分のための人生を自分らしく送っていくことが、もしかしたら誰かのためになっていくのかもしれないって思うんです。そういうメッセージを込めてみました。

――歌詞カードを見ながら、言葉をしっかり受け止めてほしいなと思う1曲でした。逆に「スッピン」は歌詞カードを見なくても全力で盛り上がれる、真っ裸な1曲かなと(笑)。

みきなつみ:これはもう、真面目にふざけました(笑)。ここまで吹っ切れた曲は、私も初めて作りましたね。この曲に関してはもう、楽しくて仕方なかったです。曲の中で「イェイイェイ」とか言ってる部分は、私がキャラの違う5人を演じながら歌っているんですよ。他にも同年代の女の子とかみんなに参加してもらって、盛り上がりました。

――よく聴けばもう皆さんお分かりかなと思うんですが、「もはや△□%♀#さとみになりた~い!」って、あの女優さんの名前言っちゃってますね(笑)。これ、ライブではどうするんですか(笑)?

みきなつみ:どうしようって、楽しみなんですよ!それこそ次の東名阪ツアーではもちろん歌いたいなと思っているから、お客さんも巻き込んで何かしら面白い感じにしたいんですよね。「△□%♀#まさみ」さんでもいいし、「△□%♀#環奈」さんでもいいし。7文字の女優さんならハマりがいいです(笑)。

――「みきなつみ」は5文字ですけど(笑)。

みきなつみ:ちょっと足りなかったなー(笑)!だってライブで「今日は誰の名前にしたい!?」ってお客さんに聞いた時、自分の名前呼んでくれたらすごく嬉しいですよね。考えようかな(笑)。

――初の東名阪ツアーですからね。ぜひ全力で楽しんでください!

みきなつみ:ありがとうございます。今までのワンマンライブとはまた違うみきなつみを直接見てもらえると思うので、みなさんぜひ来てほしいです。

――ちなみに、髪の色はまだしばらくピンクで行きますか?

みきなつみ:私、本当に飽き性なのでどうしようかなと思っていて。もちろん『ありのままピーチ』を引っさげてのツアーなのでしばらくはピンクだと思うけど、もうここまでやっちゃったからには、この勢いで色んな髪型に挑戦したいんですよね。だから…そう、いつまでもピンクでいると思うなよ(笑)!このピンクが見たい人はぜひ、今度のライブに来てください!

取材・文●山田邦子


リリース情報

3rd mini album『ありのままピーチ』
2019.11.06 RELEASE
FOCD-0056 \1,818
1. サヨナラあなたを好きだった私
2. ぼくにとってのヒーロー
3. ヒヤシンス
4. ニタモノドウシ
5. スッピン
6. come back to me

ライブ・イベント情報

【みきなつみワンマンライブツアー】
会いにいくから会いにきて! ~初めての東名阪ツアー 2019~
11/23(土)名古屋 ell.SIZE
11/24(日)心斎橋 Live House Pangea
12/06(金)代官山UNIT

●インストアライブ
■10/27(日)12:00~ タワーレコード新宿店
■10/28(月)19:30~ 蔦屋書店 熊本三年坂店
■10/29(火)18:00~ TSUTAYA 遊ING浜町店(長崎)
■10/31(木)19:00~ タワーレコード福岡パルコ店
■11/03(日)13:00~ タワーレコードパルコ店(西館1階イベントスペース)
■11/03(日)17:00~ タワーレコード京都店
■11/04(月・祝)13:00~ タワーレコード梅田NU茶屋町店
■11/04(月・祝)16:00~ タワーレコード神戸店(ミント神戸2Fデッキ)
■11/09(土)15:00~ タワーレコード浦和店
■11/10(日)14:00~ タワーレコード仙台パルコ店
■11/17(日)16:00~ タワーレコード高崎オーパ店

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報