ゲスの極み乙女。ちゃんMARI、ソロEP収録曲「沈丁花、低く」MVは江の島が舞台

ツイート

ゲスの極み乙女。でキーボードを担当するちゃんMARIが本日10月18日、“FUKUSHIGE MARI”名義にてソロEP『JAPANESE ONNA』をデジタルリリースする。これにともなって全7曲入りの同EPより「沈丁花、低く」のミュージックビデオが公開となった。

◆「沈丁花、低く」ミュージックビデオ

ミュージックビデオは、舞台となった江ノ島の澄んだ空、海、空気感がそのまま収められたかのような映像美が印象的な仕上がりだ。FUKUSHIGE MARIとその幼少期を思わせるかのような少女のシーンがシンクロした構成がどこか温かな気持ちにしてくれるなど、楽曲の世界観を映像へ落としこんだ作品となっている。

『JAPANESE ONNA』リリースを記念して11月22日にMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURでワンマンライブ<hertero>を開催することは既報のとおり。チケットの一般発売は10月20日より。





■FUKUSHIGE MARI solo EP『JAPANESE ONNA』

2019年10月18日(金)デジタルリリース
1. 沈丁花、低く
2. night dancer
3. スプーンの庭
4. CITY
5. DRUNK
6. 風と彼は誰
7. yellow green

▲EP『JAPANESE ONNA』

■ワンマンライブ<hertero>

11月22日(金) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUR
▼チケット
一般発売:10/20(日)〜

この記事をツイート

この記事の関連情報