OKAMOTO’S、オカモトショウ生誕祭で東名阪ツアーを発表

ツイート

OKAMOTO’Sのボーカル・オカモトショウが10/19に誕生日を迎え”オカモトショウ生誕祭”と題し、東京・新木場STUDIO COASTにてオールナイトイベントを開催した。

OKAMOTO’Sのメンバーはもちろんのこと、スペシャルゲストにSANABAGUN.やTempalay、踊Foot Works、KENTO YAMADA AUDIO VISUAL CRASH、渡辺大知(黒猫チェルシー)、さらにはサプライズゲストとして呂布&MAD(KANDYTOWN)という豪華メンバーがショウの誕生日を祝うべく集結。会場は、フロントステージとメインステージ、そしてアイランドステージと3か所にわたり様々なコンテンツを展開し、先日ソロアルバムのリリースが発表されたばかりのオカモトコウキのソロステージや、オカモトレイジのDJパフォーマンス、さらにはハマ・オカモトによる公開収録など、朝まで時間を余すことなく楽しめるような盛りだくさんの構成に、ファンは一夜限りのイベントを思う存分に堪能していた。

23時からスタートしたイベントは、OKAMOTO’Sのライブで幕開け。「Beek」のイントロがスタートすると会場いっぱいに集まった観客から大歓声があがりボルテージは最高潮に。割れんばかりの歓声があがり続ける中「BROTHER」「Dreaming Man」などOKAMOTO’Sの代表曲が次々に披露され、さらにはそして最新曲「新世界」のライブ初披露など、あっという間に時刻は23:59。メンバーの呼びかけで誕生日までのカウントダウンがスタート!「3、2、1!誕生日おめでとう~~~~~~~!!!!」とメンバーと観客が一斉にショウへお祝いコールを送ると、ショウは感無量の様子で「ありがとう!!」と感謝の言葉を伝え、OKAMOTO’Sの「HAPPY BIRTHDAY」を歌い上げた。


その後、ステージには豪華ゲストたちが入り乱れるように登場。KENTO YAMADA AUDIO VISUAL CRASHによるスペシャル映像に始まり、踊Foot Works、Tempalay、SANABAGUN.らがとっておきのパフォーマンスを披露。途中オカモトショウやオカモトレイジがfeat.として参加するシーンや、渡辺大知がゲスト参加する一幕も。デビュー10周年を迎え、ボーカルとして常にOKAMOTO’Sをけん引し続けてきたオカモトショウへの、愛と友情に溢れた記念すべき祝祭となった。

そして、OKAMOTO’Sの東名阪でのホールツアー開催が発表された。詳しくはオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

この記事をツイート

この記事の関連情報