フェンダー、国内グラフィックアーティストがアートを施した限定生産モデルを3カ月連続でリリース

ツイート

日本製フェンダーに国内のグラフィックアーティストがアートを施した限定生産モデル「Made in Japan Art Gallery Collection」が3カ月連続でリリース。第一弾となる、会津若松生まれのペインター/アーティストMHAKとのコラボレーションモデルが、10月21日よりフェンダーオンラインショップ限定で発売される。



その確かな技術に裏付けされた高いクオリティで日本はもとより世界でも評価を得ている日本製フェンダー「Made in Japan」シリーズ。その美しいボディをキャンバスに見立てて、国内の3人のアーティストがアートを施したスペシャルモデル「Made in Japan Art Gallery Collection」が3カ月連続でリリースされる。

第一弾は、会津若松生まれのペインター/アーティスト、MHAK。彼のアイコンとも言えるアートワークが施されたアルダー製のボディは、サイドをオリンピックホワイトカラーにすることで、彼が影響を受けた50年代の家具を彷彿させるデザインに仕上がっている。


弾きやすさにこだわったフラットなフィンガーボードは、あえてポジションマークを入れずに12フレットにのみシンボリックなマークを刻み込んだ。ピックアップはフロントにFender Wide Range Humbuckingピックアップ、リアにStandard Single-Coil Teleを搭載。アルダーボディと相まってバランスのよいサウンドを生み出している。限定15本で、フェンダーオンラインショップのみでの取り扱いとなる。


<MHAK プロフィール>

1981年会津若松生まれ。ペインター/アーティスト。デザイナーズ家具や内装空間に多大な影響を受けたことから絵画をインテリアの一部として捉えた”生活空間との共存”をテーマに壁画を中心とした制作活動を行う。空間と絵画を共存させることは絵画そのものを雰囲気として認識させる必要性があると考え、抽象表現にこだわったスタイルを追求。また地域創生としての地方での活動や、世界中にメンバーを要するアーティスト集団『81 BASTARDS』の一員などその活動は幅広く、現在までに日本はもとよりアメリカ、オーストラリア、イタリア、アルゼンチン等世界中さまざまな都市で作品を発表し国内外にその独特な世界観を拡げ続けている。

製品情報

<おもな仕様>
Body:Alder
Neck:Maple
Fingerboard Radius:9.5" (241 mm)
Nut Material:Bone
Nut Width:1.650" (42 mm)
Scale Length:25.5" (648 mm)
Pickups:Standard Single-Coil Tele®(Bridge)Fender® Wide Range Humbucking(Front)
Controls:Master Volume, Master Tone
Switching: 3-Position Blade: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Neck Pickups, Position 3. Neck Pickup
Color:Natural (Artwork by MHAK)

◆Made in Japan Art Gallery Collection Telecaster MHAK
価格: 150,000円(税別)
付属品:ハードケース
発売日:2019年10月21日
※フェンダーオンラインショップ限定。

関連画像&映像

◆FENDER 画像&映像
この記事をツイート

この記事の関連情報