ISSUGI、ニューアルバム『GEMZ』に5lack、仙人掌ら参加

ツイート


ISSUGIが、2013年作『EARR』以来となる自己名義でのオリジナル・アルバム『GEMZ』を2019年12月4日(水)にリリースする。

今作は、ミュージシャンとのセッションによる生音も取り入れた作品になっており、BUDAMUNK(PADS)、WONKのHIKARU ARATA(DRUM)、KAN INOUE(BASS)、CRO-MAGNONのTAKUMI KANEKO(KEYS)、MELRAW(GUITAR, SAX, FLUTE)、DJ K-FLASH(TURNTABLE)がバンド・メンバーとして集結した。サウンドは様々なアプローチで構築され、全て生音によるトラック、スタジオでのセッションをベースにBUDAMUNKが再構築した楽曲、16FLIPが手掛けたトラックを演奏し直した楽曲など、これまでのアルバムとは異なるプロセスで制作された1枚になっているという。他にもアルバムには、5lack、仙人掌、Mr.PUG、OYG、KOJOE、Devin Morrisonが参加している。

なおアルバム・リリースに先駆けて、11月20日には新曲「ONE RIDDIM」と、5lackを迎えたSICK TEAM「踊狂」のリメイク、さらに両曲のインストゥルメンタル・ヴァージョンも収録した12インチEPを完全限定プレスでリリースする。

また、2020年1月に岩手・安比高原で開催される<APPI JAZZYSPORT 2020>にも前述のバンドメンバーを伴って出演、2020年に同じくこのメンバーを伴ったツアーも開催予定とのことだ。

■アルバム『GEMZ』

2019年12月4日(水)発売
レーベル:P-VINE, Inc. / Dogear Records
PCD-25284 2,500円

■12インチ『ONE RIDDIM』

2019年11月20日(水)発売
レーベル:P-VINE, Inc. / Dogear Records
P12-6968 税抜2,200円
b/w 踊狂 feat. 5lack
この記事をツイート

この記事の関連情報