フィル・キャンベル、ロブ・ハルフォードとのコラボ曲を公開

ツイート

元モーターヘッドのギタリスト、フィル・キャンベルが、金曜日(10月25日)、ソロ・アルバム『Old Lions Still Roar』をリリースし、その中でジューダス・プリーストのロブ・ハルフォード(Vo)とコラボした楽曲「Straight Up」の音源を公開した。

◆フィル・キャンベル画像、試聴音源

ペルシャン・リスク、モーターヘッド、フィル・キャンベル&ザ・バスタード・サンズと、40年以上音楽活動を続けてきたキャンベルだが、ソロ・アルバムを発表するのはこれが初めて。記念すべき同作には、ハルフォードほか、アリス・クーパー、ジョー・サトリアーニ、元クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのニック・オリヴェリ、トゥイステッド・シスターのディー・スナイダーらが参加した。

「Straight Up」ではキャンベル(G)、ハルフォード(Vo)に、キャンベルの息子たちがベースとドラムをプレイしている。



『Old Lions Still Road』の収録曲は以下のとおり。

「Rocking Chair」 feat. Leon Stanford
「Straight Up」 feat. ロブ・ハルフォード
「Faith In Fire」 feat. ベン・ワード
「Swing It」 feat. アリス・クーパー
「Left For Dead」 feat. Nev MacDonald
「Walk The Talk」 feat. Danko Jones、ニック・オリヴェリ
「These Old Boots」 feat. ディー・スナイダー
「Dancing Dogs (Love Survives)」 feat. Whitfield Crane
「Dead Roses」 feat. Benji Webbe
「Tears From A Glass Eye」 feat. ジョー・サトリアーニ

キャンベルはモーターヘッドの一員として、2020年度のロックの殿堂の候補に挙がっている。殿堂入りするアーティストは来年1月に発表。現在開催されているファン投票で、モーターヘッドは16候補中8位につけている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報