リトル・フィートのポール・バレア、死去

ツイート

アメリカのベテラン・ロック・バンド、リトル・フィートのギタリスト、ポール・バレアが10月26日、71歳で亡くなった。彼は、2015年に肝臓がんと診断されていた。

◆リトル・フィートからのメッセージ

バンドは同日、「今朝、UCLA病院で僕らのブラザー・ギタリスト、ポール・バレアが亡くなったと伝えねばならず、非常に悲しい」との声明をFacebookに投稿した。



バレアは、フランク・ザッパのマザーズ・オブ・インヴェンションのメンバーだったローウェル・ジョージとロイ・エストラーダを中心に1969年に結成されたリトル・フィートに1972年に加入。ビル・ペイン(Key)、サム・クレイトン(Perc)、ケニー・グラッドニー(B)と共に、その時期から現在に至るまでバンドで活動を続けるメンバーの1人だった(バンドが活動を休止していた1979~1987年を除く)。

サード・アルバム『Dixie Chicken』(1973年)から最新アルバム『Rooster Rag』(2012年)までリトル・フィートの14枚のスタジオ・アルバムを制作したほか、ソロ・アルバムもリリースしてきた。

10月27日に終了するリトル・フィートの最新ツアーには、癌治療の副作用のため参加していなかった。2020年1月に予定している公演には参加するつもりでいたという。

リトル・フィートは1979年に創設メンバーのローウェル・ジョージを、2010年にドラマーのリッチー・ヘイワードを喪っている。

合掌。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報