【レポート】映画『ブレードランナー』シネマコンサート、ロンドンで初演

ツイート

映画『ブレードランナー』(ファイナルカット版)のシネマコンサート<ブレードランナーLIVE>が、10月25日、イギリス・ロンドンにて世界初演された。

◆<ブレードランナーLIVE> 写真

これは映画『ブレードランナー』(ファイナルカット版)を上映しながら、劇中の音楽を生演奏するというもの。2020年4月には日本でも上演されることが決定している。同公演のレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』をリドリー・スコット監督、ハリソン・フォード主演で映画化した『ブレードランナー』(ファイナルカット版)を全編上映しながら、シンセサイザーの巨匠ヴァンゲリスが手掛けたオリジナル・スコアを画面とシンクロさせて演奏するシネマ・コンサート<ブレードランナーLIVE>が2019年10月25日、すなわち物語の時代設定である2019年11月を約1週間後に控えたロンドンで世界初演された。


プロデューサーのジャック・ステュークスとピエール・オライリーの陣頭指揮の下、約1年をかけてヴァンゲリスのサントラを完璧に採譜・楽譜化し、さらにシンセの音色も可能な限り忠実に復元した上で、それを計11名のアンサンブル──シンセサイザー×3、エレクトリック・ストリング・カルテット(ヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロ)、テナーサックス/フルート、ベース(エレキ&アコースティック)、パーカッション×2──で生演奏するというものである。


本編が始まり、“ロサンゼルス、2019年11月”のタイトルがスクリーンに浮かび上がると、会場は物語の時代設定と現実の時間のシンクロに興奮した5000人の大歓声に包まれた。ロサンゼルス上空をスピナーが飛び交う有名なオープニングで流れる、きらびやかなシンセ・サウンドとバス・ドラムの重低音。主人公デッカードのアパートをレイチェルが訪れるシーンで流れる「メモリーズ・オブ・グリーン」の気怠いピアノ。ゴミ置き場に身を潜めるプリスが技術者セバスチャンと出会うシーンで流れる「ブレードランナー・ブルース」の哀愁に満ちたシンセ……。よくぞここまで、ヴァンゲリスの音色を再現したものだ。1982年の初公開当時、誰も夢見ることさえ出来なかった『ブレードランナー』の生演奏上映が、ついに現実のものになったという感動に打ち震えた。


今回の世界初演の成功を踏まえ、来年4月に予定される東京公演はさらに磨きをかけた“改良型”の上演になるという。1982年初公開版、1992年ディレクターズカット版、2007年ファイナルカット版に続く新たなヴァージョン<ブレードランナーLIVE>を体験せずして、今後『ブレードランナー』を語ることは出来ないはずだ。



文◎前島秀国(サウンド&ヴィジュアル・ライター)

■<ブレードランナーLIVE>

2020年4月3日(金)19:00開演
2020年4月4日(土)14:00開演
東京・Bunkamuraオーチャードホール
チケット発売日:2019年11月24日(日)
主催:エイベックス・クラシックス・インターナショナル
企画・制作:エイベックス・クラシックス・インターナショナル
制作協力:インタースペース

◆<ブレードランナーLIVE>日本公演 詳細ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報