TASCAM、ロングセラーのレコーダー「DR-05」「DR-07MKII」にタイマー機能追加、Ver UPで旧モデルも対応

ツイート

発売以来ロングセラーを続けているティアック/TASCAMブランドの24bit/96kHz対応リニアPCレコーダー「DR-05」と「DR-07MKII」の最新ファームウェアがリリース。タイマー録音機能が追加された。

新製品「DR-05 VER3」「DR-07MKII VER2」(2019年7月発売)、USBオーディオインターフェイス機能付きモデル「DR-05X」「DR-07X」(2019年2月発売)に加え、今回のアップデートで旧バージョンの「DR-05」と「DR-07MKII」のユーザーもタイマー録音機能が追加される。

録音の「開始時刻」「終了時刻」が設定でき、さらに動作パターンとして「1回のみ」「毎日」のいずれかを設定することが可能。これにより野鳥観察や鉄道の走行音などの録音や定期的なイベントなど、その場に居合わせなくても予約録音や定時録音が行えるようになった。タイマー録音には別売りの外部バッテリーパック(BP-6AA)との併用で長時間録音が行える。

このほかの新機能は以下のとおり。
・オーバーダビング機能の操作方法をわかりやすくした
・スピーカー設定/マイク電源設定/入力レベル/音量の初期値を変更した
・ホールドスイッチがオンの状態で電源ボタンを押した場合にホールドスイッチが入っていることを画面に表示するようにした

<対象モデル>
DR-05 VER3、DR-05 VER2-JJ、DR-05 VER2-J、DR-05 VERSION2、DR-05VG、DR-05W、DR-05
DR-07MKII VER2、DR-07MKII-JJ、DR-07MKIIJ、DR-07MKII
この記事をツイート

この記事の関連情報