【インタビュー】植田真梨恵、5周年YEAR集大成のZepp公演で新フェーズへ「変化や変身がテーマ」

ツイート

植田真梨恵メジャーデビュー5周年YEARの締め括りとなる一夜限りのスペシャルライブ<SPECIAL LIVE "PALPABLE! MARBLE! LIVE! -ANNIVERSARY 2019-">が11月1日、Zepp DiverCity TOKYOにて開催される。2019年の年明け早々より『祝5周年!5作連続リリース!』と題した濃度も密度も高い活動を開始した植田だが、以降も全国ツアー<LIVE TOUR 2019 [F.A.R. / W.A.H.]>開催、“弾き語りDAY” “ピアノDAY” “バンドDAY”による3DAYS公演<植田真梨恵 presents Five FLOWERS anniversary>開催、ライブ配信『「25時間生放送 まりえのま」#25時間で作曲からMVまでつくってみた』実施、“新宿Flags 21st Anniversary”のテーマソングおよびイメージキャラクターに起用など、“アートする”をテーマに次々と新しい植田真梨恵像を表現してきた。

◆植田真梨恵 画像

BARKSでは<F.A.R. / W.A.H.>ツアーから現在までの5周年YEARを振り返りつつ、来るべき集大成となる<SPECIAL LIVE "PALPABLE! MARBLE! LIVE! -ANNIVERSARY 2019-">の予感について話を訊いた。この多忙な期間中に取り組んだ挑戦の数々は、自身の創作に芳醇な恵みをもたらし、変わらぬ本質と広がる可能性を育んだといっていいようだ。“ワクワクする”、“見たことないものを作る”──新たなる扉を開けたデビュー5周年の植田真梨恵を総括すべく、ロングインタビューをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■楽しいことを見つけていきたい
■という思いにしっかりとなれた

──今回は、5周年の締めくくりのインタビューとして、特にミニ・アルバム『F.A.R.』『W.A.H.』のリリース以降について振り返りながらお話しをうかがいたいと思います。まずは2作をひっさげた<植田真梨恵 LIVE TOUR 2019 [F.A.R./W.A.H.]>について。このツアーは新たなステージに突入するという意味合いもあったと思いますが、ツアーを終えてみてどんな感触がありますか。

植田:“大人の成長”と“和”というコンセプトを持って回るバンドツアーで、内容的にはそれまでのバンドツアーとはちょっと変わって、しっとりとしたというか。静かな部分も大事にしたツアーだったんです。結局それが、“考えるツアー”として、また新しいライブになったなと思います。シンプルに、終わるのがすごく寂しいなと思いながら全国9ヵ所をまわっていました。

▲<植田真梨恵 LIVE TOUR 2019 [F.A.R. / W.A.H.]>6月2日(日)@北海道 KRAPS HALL (※画像8点)

──その9ヵ所のなかでも、試行錯誤はあった感じですか。

植田:ありました。ツアー前に、飼っていた猫のララさんが死んじゃったりしたのもあって。それは、“大人の成長”の中ではかなり大きな別れだったんです。15歳で、福岡から大阪に出てきたときから一緒だったので。ちょうどララの曲を書いたり(『F.A.R.』収録「softly」)もしていたアルバムということもあって、ライブは毎回心がしんどかったというか。毎回毎回心の柔らかい部分みたいなものを、みんなと共有するようなライブだったんです。お客さんもとても寂しそうで……そんなツアーでした。

──猫のララさんは、ファンにもお馴染みでしたもんね。

植田:そうなんです。どの会場でもそういう時間を過ごさせてもらったので、とても優しくて、寂しくて、みたいな印象のツアーになったなということが、実感としてよかった部分と、“もういいかな”っていう部分も実はあって。散々柔らかい部分に触れることができたので。これから私は、楽しいことを見つけていきたいっていう思いに、しっかりとなれたんです。すごく……うん、心に触れるツアーでしたね。

▲<植田真梨恵 LIVE TOUR 2019 [F.A.R. / W.A.H.]>6月8日(土)@広島 セカンド・クラッチ (※画像8点)

──いい時間だったんですね。そのツアーの後は、8月に3日間の企画イベント<植田真梨恵 presents Five FLOWERS anniversary>を赤羽ReNY alphaで開催しました。これは各日ゲストアーティストを招いて行う対バン3DAYSでしたが、ツアーとはまた違った気持ちでライブに臨めましたか?

植田:はい。ただ<F.A.R. / W.A.H.>ツアーが終わって、燃え尽き症候群みたいになっちゃって。“ここからどうやっていくんだっけ?”みたいな感じになってしまったんです。この<Five FLOWERS>は、5周年のまさに記念日を祝うためのライブで、3日間それぞれ編成を変えて、仲のいい人や好きなアーティストに出てもらったんですけど、イベントが“本当にできるのか?”っていうくらい焦ったりもしたんです。でも、好きな人や仲のいい人に出てもらった結果、蓋を開けてみると私がすごく元気づけてもらえる3日間になりました。

──対バンライブということで、思いもよらない作用があったんですね。

植田:3日間、全然違ったんですよね。1日目は中込陽大さんと、山田エリザベス良子 with YUKAをゲストに<-Romantic emotion- PIANO>と題したピアノ縛りのライブで。アーティスト的にもしっとりと、ロマンチックだったり、ファンタジックだったり、メルヘンチックだったりするライブになって。2日目は<-Divine emotion- BAND>と題して同じ事務所でヴィジュアル系バンドの-真天地開闢集団-ジグザグを呼んで……となったら、初日とは全然違うライブになって。

▲<-Romantic emotion- PIANO>2019年8月4日(日)@東京・赤羽ReNY alpha w/ 中込陽大 / 山田エリザベス良子 with YUKA (※画像13点)

▲<-Divine emotion- BAND>2019年8月5日(月)@東京・赤羽ReNY alpha w/ -真天地開闢集団-ジグザグ (※画像13点)

▲<-Daily emotion- HIKIGATARI>2019年8月6日(火)@東京・赤羽ReNY alpha w/ 関取花 (※画像13点)

──植田さん自身も“しにものぐるい”名義のバンドで出演しましたから、初日とは全然異なるサウンドスタイルでしたし、お客さんのノリも初日とはまた違って。

植田:ツーマンなので、バンギャさんたちも私のお客さんも双方が楽しんでほしいなと思って。はじめは心配していたんです。でも、ジグザグのとき、バンギャさんの後ろにいた私のお客さんがはじめは“なんだろう?”と見ているだけだったのが段々と手が挙がってきて、どんどん盛り上がっていくのを楽屋の画面越しに見ていたら、すごく感動しちゃって。

──そうだったんですね。

植田:ジグザグがお客さんにちゃんとライブを届けている姿を目の当たりにして。“こうやんな”っていうか、久しぶりに勝負している感じになったんですよね。

──対バン、それもツーマンという機会が今、植田さんにはなかなかないですしね。

植田:それもかなり畑が違うバンドとの対バンということも含めて、音楽ってすごいなと改めて感じたというか。“私はまたこういう勇気を持って進んでいきたいな”ということを、学ばせてもらう2日目があり。

──3日目は<-Daily emotion- HIKIGATARI>と題して、関取花さんとのギター弾き語り対バンでした。とにかく関取さんのトークが面白かった。

植田:花ちゃんは話術が巧みすぎて、凄まじく時間が押したりもしたんですけども(笑)。でもそれこそ、彼女の太陽みたいなキャラクターも含め、笑いに満ちた3日目が終わって。みんなもまた日常に帰っていくようなイメージというか。本当に私がすごく元気をもらったんですよね。

──3日間、結果的にもいい人選だったと。

植田:とても良かったです(笑)。準備段階では全然気づけなかったんですけど、実際にライブの日を迎えてみると、ちゃんとそこにご褒美があったというか。やってみないと得られないことがあるんだなということに気がついたりして。ちゃんと進めば、ちゃんと扉を開けてみれば、ちゃんと栄養があって、それを持って次に向かえるな、っていうことに気づいた5周年記念日の3DAYSになりましたね。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報