【インタビュー】the shes gone、新作『MORE』は「もっと好きになってもらえるアルバムに」

ツイート
▲兼丸(Vo&G)

■もっと知ってもらえる、もっと好きになってもらえるアルバムに

──リード曲「シーズンワン」も会心の出来でしょう。「告白」というテーマで妄想から現実へ繋げていく、シズゴらしい青々しいラブソング。

兼丸:このミドルテンポは、今までミュージックビデオが出ている「ラブストーリー」「想いあい」「甘い記憶」と同じラインで、お客さんにとっても僕ららしいと感じてくれるだろうと思ってリード曲にしました。それぞれの曲でちょっとずつ恋愛のテーマが違っていて、「シーズンワン」はうまくいかなかった学生時代の恋愛を振り返って歌詞を書いてるんですけど、the shes goneの曲は高校生とかに限定されがちだと思うので、学生だとわかるワードを極力減らして、だけど学生だとわかってもらえるのはどうしたらいいだろう?ということをすごく考えました。だから「授業後」と「登下校」だけですね。これだけのワードで、聴く人にとって、自分の経験に落とし込める年代の幅を広げたいなと思ったので、大学生でも大学院生でも伝わるように書いたつもりです。

──ああー。なるほど。

兼丸:どうしても恋愛の曲が多いんで、恋愛バンドと見られている中で、ただの告白ソングじゃんって思われたくなかったんですよ。「君に告白するよ」というハッピーな曲ではなくて、「告白しなきゃいけないんだ」というところまで心情を描いたつもりです。泥臭い部分というか。

──まだ告白はしていない。その前に自分の中の葛藤と戦って、決心するまでのストーリー。

兼丸:そうなんです。だから告白ソングだととらえてもらってもいいですけど、そういう言葉で固めてしまうと、この曲の振り幅を狭める気がして。この後、主人公は告白できないかもしれない、うまくいったかもしれない、振られたかもしれない。その答えはお客さんに投げちゃおうと思ってからは、楽になりました。この主人公の話はここで終わっても、ここまで弱々しい奴が告白しようかなと思えたことが、まず一歩踏み出せてると思うんで、ちょっとかっこつけて「シーズンワン」というタイトルにしました。「シーズンツー」はみなさんが現実で作ってくださいということですね。

──アルバム全体として、ラブソングで統一した感を前作より感じますね。

兼丸:結果的にラブソングなんですけど、自分としては恋愛よりも一回り大きくできたかなと思ってます。前作より少し年を取ったから作れたというか、ただの好き / 嫌いではなくて。

──確かに。「嫌いになり方」とかも、タイトルからして一歩踏み込んでる。

兼丸:これは振られた後の曲ですね。向こうの意思は関係なく、こっちも嫌いになれるならなりたいんだけど、「どうすればいいんですか?」という男心を歌ってます。この曲では街の風景とかを描かないで、それでいてどうやって聴く人の日常に寄り添えるか?というテーマがあって、それで最初は悩んじゃったんですよね。

▲the shes gone/『MORE』

──対照的に、最後に入ってる「ふたりのうた」は、本当に二人だけの幸せの歌。二人はもう一緒に暮らしていて、幸せな日常を実感している。

兼丸:このミニアルバムは、『MORE』というタイトルを先に決めていたんです。『DAYS』をリリースした後、1〜2月の段階で新しくアルバムを作ろうという話になって、それぞれの曲のキャラクターを違うものにして、まだthe shes goneを知らない人にもっと知ってもらえる、もっと好きになってもらえるアルバムにしようというテーマを決めた上で、「4人で演奏できるバラードの曲を作るべきだ」ということで作ったのが「ふたりのうた」です。ただ曲はできたんですけど、イントロやキーがうまくハマらなくて1か月悩みました。the shes goneは中高生のファンの方が多いんですけど、曲って面白いもので、高校生の頃は好きじゃなかったけど大学生になったら好きになったりすることがあるので、歌詞の部分も、今はわかってくれなくても「後々わかってくれればいいかな」ということでいいやと思えて、大人の方も聴いてもらえる曲になったと思います。

──対象年齢二十歳以上みたいな。

兼丸:自分も22から23になって、その年は社会人になる方が多いので、自分の中でも一個の節目に感じていて。周りでは結婚したり、子供ができたりする人もいて、そういうことを耳にすることが増えたので、このテーマになったんだと思います。1年前だと書けなかったと思います。さっき「今はわからなくても」と言ったんですけど、たぶん聴いてるうちに考え方が変わってくるだろうなと思っていて、「この言葉は、二人のうちのどっちが言ってるんだろう?」とか、わからないところもあると思うんですよ。恋愛の曲は全部男女で考えられるけど、そういうことでもないだろうと思って、それを今僕らが言ってもいんじゃないか?ということですね。たとえばLGBTだったり、国際結婚だったり、年の差がある結婚だったり、周りに喜ばれないものがあると考えた時に、二人の幸せなのになぜ他人が傷つけるようなことを言うんだろう?と思うんですよ。二人は何も悪いことをしていないのに。そういうことをちゃんと描いた曲って世の中にあんまりないんじゃないか?と思って、究極の優しさを込めて書いた曲です。大切にしたい曲ですね。ただ、ライブのセットリストは組みにくいですけど(笑)。空気が変わりそうなので。

──楽しみです。

兼丸:このアルバムを受け取ったお客さんの反応がすごく気になります。僕らとしては、思い通りのものができたか?というと、まだまだやれると思うし、お客さんのそれぞれの感想を聞いてみたいです。

──リリース後はすぐにツアーへ。どんなツアーにしたいですか。

兼丸:前回の東名阪ツアーよりも規模が大きくなって、ソールドアウトもしてるんで、僕らなりの誠意をもって頑張って演奏します。対バンの先輩方の力も借りて。気張るのはこっちの仕事なんで、お客さんは力を抜いて、ただただ楽しみに来てもらえればいいと思います。the shes goneの音楽は、眠りにつく前にイヤホンで聴くとか、聴き方は人それぞれで良いと思っているんですけど、ライブに来てくれたときに「意外とこういう面があるんだ」って、何か一つでも思ってもらえたら、こっちとしては嬉しいです。

取材・文◎宮本英夫


2nd Mini Album『MORE』

2019年11月6日(水)発売
¥1,500(税別)
品番:UKCD-1184
レーベル:UK.PROJECT
JAN:4514306015805

[CD]
1. シーズンワン
2. 嫌いになり方
3. 君のパレード
4. panorama
5. ふたりのうた

<MORE TOUR 2019>

※全公演ソールドアウト
2019年
11月9日(土)岡山・ペパーランド w / ウソツキ
11月10日(日)大阪・Shangri-La w / ウソツキ
11月23日(土)新潟・CLUB RIVERST w / the quiet room
12月1日(日)愛知・CLUB UPSET w / アンテナ
12月8日(日)宮城・LIVE HOUSE enn 3rd w / アンテナ
12月21日(土)東京・TSUTAYA O-WEST w / the quiet room

この記事をツイート

この記事の関連情報