荒牧陽子、令和ニューアルバムで昭和名曲をカバー

ツイート

荒牧陽子が、本人初のセルフディレクション、プロデュースによるカバーアルバム『リスペクト!~私が昭和を歌ったらこんな感じ!~』を11月15日(金)にリリースする。

多様な声質・歌唱を引き出すことが要求されるカラオケガイドボーカルとしての活動から、テレビで数多くのバラエティ番組やイベントに出演し、ものまねシンガーとしても知られる荒牧陽子。現在はスタジオミュージシャン、シンガーとしての活動もあわせ三足のわらじを履き活躍中だ。

そんな荒牧による今作カバーアルバムは、昭和後期を中心にした名曲群を収録。当時のイメージを崩さず、12曲全てを令和の時代に合わせたニューアレンジで歌い上げている。各楽曲を聴きあわせたときにわかる彼女の“歌い方の引き出し”の幅広さもあわせて楽しんでほしい。

荒牧陽子 プロフィール

■主な出演歴
スター☆ドラフト会議、ものまねグランプリ、笑っていいとも、しゃべくり007、HEY HEY HEY、踊るさんま御殿、メレンゲの気持ち、関ジャニの仕分け、人生が変わる1分間の深いい話

■主なものまねレパートリーアーティスト
石川さゆり、大黒摩季、倖田來未、SPEED、大塚愛、西野カナ、八神純子、浜崎あゆみ、坂本冬美、広瀬香美、八代亜紀、葛城ユキ、aiko、平原綾香、misia、mihimaru-GT、LADY GAGA、Christina Aguilera

<

カバーアルバム『リスペクト!~私が昭和を歌ったらこんな感じ!~』

2019年11月15日(金)発売
3,000円(税込)
■収録曲
01.サウスポー / ピンク・レディー
02.天使のウインク / 松田聖子
03.古い日記 / 和田アキ子
04.わかれうた / 中島みゆき
05.難破船 / 中森明菜
06.待つわ / あみん
07.合鍵 / しばたはつみ
08.東京ららばい / 中原理恵
09.ルビーの指環 / 寺尾聰
10.夢芝居 / 梅沢富美男
11.真夜中のドア / 松原みき
12.見上げてごらん夜の星を / 坂本九
この記事をツイート

この記事の関連情報