セバスチャン・バック、山火事で家族が避難。一緒にいられず「祈るしかない」

ツイート

米カリフォルニアで発生中の山火事により、セバスチャン・バックの家がある一帯に避難命令が出たという。セバスチャンは公演のため、フロリダにおり、家族と一緒にいられないもどかしさを一連のツイートで明かした。

◆セバスチャン・バック画像

「すまないが、俺は正気を失ってる。妻と子供たちがさっき、カリフォルニアにある家から避難した。俺の道に避難命令だ。俺には今夜、ギグがある。頭がおかしくなりそうだ」とつぶやいたのを最初に、「君らからの支援に感謝する。でも、俺にできることは何もない。俺はいま、フロリダ、オーランドにいて、ロックする準備中だ。道が完全に閉鎖されていて、家に行くことさえできない。文字通り、俺には何もできない。また家を失わないように祈るのみだ」と、何もできない苛立ちを伝えた。

しかし、公演ではベストを尽くすと宣言した。奥さんたちは無事で、ホテルを探しているという。







セバスチャンはスキッド・ロウの1stアルバム『Skid Row』のリリース30周年を記念したツアーを開催中で、この日(10月30日)はフロリダでパフォーマンスした。ツアーは11月2日まで続く。

カリフォルニアでは各地で山火事が発生しており、18万人以上に避難命令が出たと伝えられている。

セバスチャンは、2011年にアメリカを襲った大型ハリケーンにより、家が浸水した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報