TASCAM、ピンマイクレコーダー「DR-10L」に手軽にノイズ除去できる音声編集ソフト「RX 7 Elements」のバンドルを追加

ツイート

動画制作やASMRで注目を集めているティアック/TASCAMブランドのピンマイクレコーダー「DR-10L」に、iZotope社の音声編集ソフトウェア「RX 7 Elements」のバンドルが追加。ノイズ除去をはじめさまざまなサウンドメイキングが手軽に行えるようになった。


▲「DR-10L」はWAV(最大48kHz/24bit)、MP3(128k/192kbps)での録音再生に対応。単4乾電池1本で約10時間駆動。黒・白の2色をラインナップ。オンラインショップ価格は税込27,500円。

「DR-10L」は、手のひらに乗る軽量&コンパクトなウェアラブル設計で、ピンマイクから直接高音質収録ができるレコーダー。これまで、イベントや番組、ブライダル、舞台などでの音声収録から講義やセミナーの録音、一人でロケに行くラジオDJや流行のASMRなど、さまざまな用途に使用され高い評価を得ている。今回、追加でバンドルされる「RX 7 Elements」により、収録後のノイズ除去などの編集も容易に行えるようになる。

「RX 7 Elements」はポストプロダクションで圧倒的な支持を得ているオーディオリペアツール。オーディオファイルをAIで分析し、バックグラウンドノイズやポップノイズなどを自動的に特定してリペアするRepair Assistant機能を搭載。「DR-10L」で録音した音声をブラッシュアップし、プロ品質の制作を強力にサポートしてくれる。

「RX 7 Elements」のバンドルは2019年10月30日以降に新規購入された「DR-10L」が対象。ダウンロードコードは同梱されていないので、購入後特設サイトでの申し込みが必要になる。


<RX 7 Elementsのおもな特長>
・Repair Assistant:3つのタイプ(Music、Dialogue、Other)、3つの強さ(Light、Medium、Aggressive)から1つずつを選択し、ファイル内のノイズを分析・検知して自動的に問題を修正。
・RX Audio Editor standalone application
スペクトラルビューでオーディオの問題を視覚化し、編集ツールで修正。
・Voice De-noise
ボーカル、ダイアログ用のノイズ除去モジュール。エアコンなどのルームノイズやハムノイズ、ヒスノイズなどを低減。
・De-clip
オーディオのクリッピング(音割れ)問題を修正。
・De-click
レコードのパチパチ音、リップノイズ、ベース弦のクリック音などのノイズを、独自の低レイテンシーなアルゴリズムで除去。
・De-hum
電源ノイズ(ハム)を除去するモジュール。
この記事をツイート

この記事の関連情報