キッス、バンド結成時を映画化

ツイート

キッスのマネージャー、ドック・マギー氏は、キッスの長編映画制作のプロジェクトが進行中であることを明かした。

◆キッス画像

彼は、現在開催中のキッスのクルーズ・フェスティバル<Kiss Kruise>で行なわれたQ&Aセッションで、その内容について「基本的にキッスの結成時、どうやって誕生したかになる」と話したという。

キッスのみならず、モトリー・クルー、ボン・ジョヴィ、スキッド・ロウなど数々のロック・バンドを手掛けてきた名マネージャーの1人であるマギー氏は、今年春公開されたモトリー・クルーの映画『The Dirt』にも登場した(David Costabileが演じた)。

彼は、この映画に関し、「深く掘り下げていなかった」「映画で描かれている以上にモトリー・クルーは音楽、文化の面で重要だった」との感想を述べたという。

キッスの映画は、来年終わりまでに公開したいと考えているそうだ。

9回目を迎えた今年の<Kiss Kruise>は、10月30日~11月4日開催。キッス、ダークネス、ウォレント、ブルース・キューリック、スティーヴン・アドラーらが出演している。キューリックは31日、キッスがメイクアップなしで行なった1回目のパフォーマンスに参加した。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報