ロブ・ハルフォード「プリースト、サバス、メイデン、モーターヘッドでツアーをやるのが夢だった」

ツイート

ジューダス・プリーストのフロントマン、ロブ・ハルフォードは、メタリカ、スレイヤー、メガデス、アンスラックスの“ザ・ビッグ4”が一緒にツアーを行なったとき、UKのメタル・バンドでも同じことをしたいと願ったそうだ。

◆ロブ・ハルフォード画像

彼は『Heavy Consequence(Consequence Of Sound)』のインタビューで、こう話した。「悲壮感なしに、“UKのザ・ビッグ4”みたいなのをやるのが俺の長年の夢だった。ブラック・サバス、モーターヘッド、プリースト、メイデンで“ザ・ビッグ4”としてUKで何かやりたいって、ずっと夢見てた。悲しいことに4分の2がいなくなってしまった。でも、音楽は永遠に生き続ける。そこが重要だ」

バンド・メイトのイアン・ヒル(B)は最近、ジューダス・プリーストとアイアン・メイデンで一緒にツアーをやりたいと話していたが、ハルフォードも「俺ら死んじまう前に頼むよ!」と、それに同意した。

「両バンドとも考えていると思うよ。タイミングの問題だ。俺らはいい友達だからね」「ライバルといったって、健全なライバル心だ。いいやつだ。楽しいやつだよ。俺らはお互いを称賛してる。プリーストとアイアン・メイデンが一緒なんて素晴らしいイベントになるだろう」

ジューダス・プリーストは、来年、2月に開催予定だったオジー・オズボーンとのヨーロッパ・ツアーは延期されてしまったが、バンドの50周年を祝い、スペシャル・ツアーを行なう。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報