ローランドとV-MODAのノウハウを結集、V-MODA初の本格スタジオ・モニター・ヘッドホン「M-200」

ツイート

世界のDJに人気の高いV-MODA(ブイモーダ)と、電子楽器づくりで培ってきたローランド両ブランドのノウハウを結集した、プロ仕様のハイレゾ対応スタジオ・モニター・ヘッドホン「M-200」が登場。ローランドよりV-MODAブランドで11月23日に発売される。

「M-200」のコンセプトは、最新の楽曲制作に完全対応する「次世代のスタジオ・モニター」を作ること。最先端のサウンドを的確にモニタリングできるよう、DJ市場で培った「V-MODA」の音づくりと、常に新しい音をつくる電子楽器メーカー「ローランド」の経験と技術を結集して作り上げられた。


従来のV-MODAヘッドホンの特徴であった豊かな低音域に、伸びやかな中高音域を加えることで全音域におて解像度を高める音づくりを実現。幅広い帯域をフラットに再生し、「原音を忠実に再現する」ヘッドホンに仕上げた。ドライバー部には日本製CCAWボイスコイルを使用した新設計の50mmドライバーを搭載。従来よりも音の立ち上がりをさらに高め、ドライバーに角度をつけることで、低音から高音までの歪みや乱れのないダイレクトな音を再現する。また、ハウジング部の形状と素材を見直しイヤーパッドに厚みをもたせて大きな空間を作り出すことで、臨場感のある音を再現している。

バランスド・オーディオ接続に対応しているのもポイント。左右の信号が相互干渉するクロストークを防ぐことで分離感が向上し、より繊細な音を実現する。製品にはバランス接続ケーブルが付属する。


▲付属品は、1ボタンSpeak Easyケーブル、バランス接続ケーブル、変換プラグ(3.5mm→標準プラグ)、そしてヘッドホン本体を折りたたんで収納するシェル・ケース

周波数特性はハイレゾに準拠する5Hz~40kHzと、普及が進んでいるハイレゾ音源のモニタリングにも最適な仕様。さらにモニター・ヘッドホンとしての使い勝手も向上。新設計のヘッドホン・バンドを採用することで、長時間着けていても疲れにくく、頭全体を包み込む快適な装着感を実現した。くわえて片耳でモニタリングする際のねじれにも強い十分な耐久性を確保。ヘッドホン・バンドとハウジング部の接合部分も強化し、コンパクトに折りたたんで付属ケースに収納することが可能だ。スタイリッシュなフォルムは、イタリア・ミラノでデザインされている。


製品情報

◆M-200
価格:オープン(市場想定価格 44,000円前後 税込)
発売日:2019年11月23日
この記事をツイート

この記事の関連情報