カーク・ハメット「メタリカで俺のアイディアはいつも却下される」

ツイート

ヘヴィなサウンドだけでなく、ジャズやボサノヴァ、ブルースなどの音楽も好んでプレイしているカーク・ハメット(G)は、それらの要素をメタリカの曲に持ち込もうとして、いつも却下されているそうだ。

◆メタリカ画像

ハメットは『Rolling Stone』誌が企画した、メタリカの大ファン、セイント・ヴィンセントとの対談でこう話した。「俺は音楽全般に興味がある。いろんなタイプの曲をプレイできる。ジャズやボサノヴァ、ブルース、ジプシー・ジャズ、東欧のバラードだってプレイする。でも、俺がそういった曲をプレイできることを知る人はいない」

彼はメタリカの曲を作るとき、「ジャズのボイシングやコード、ちょっとしたテクニックをあちこちに忍ばせようとしてる」が、「いつもだ。“ブルージー過ぎる”とか言われるんだ。俺は、“なんでだよ。ただのスライドじゃないか。もういいよ、トーン警察”って言い返してる。でも、トーン警察は必要だ。トーンは超重要だから」

曲作りでは叶わないが、ライブでは容認されているようだ。「即興の要素を持ち込むようにしてる。そうしたら、毎晩同じにはならないから。俺は、曲は決して同じようにはプレイしないってのをモットーにするミュージシャン世代だ。アルバムと同じようにギター・ソロをプレイするのは、それをオーディエンスが望んでいるからだ。でも、それに加え、自分でもどこに向かうのかわからないソロをプレイする。自分を恐ろしい状況に置くのが好きなんだ」

この即興パフォーマンスは来年、メタリカが北米の5フェスティバルに出演するとき役立ちそう。彼らはそれぞれのフェスティバルで、「2夜に渡り2つの異なるセット」をパフォーマンスする。

メタリカ関連ニュースとして、彼らは米カリフォルニアで発生した山火事の被災者らを支援するため、10万ドル(約1,100万円)を寄付すると発表した。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報