VALSHE、“希望と絶望”がキーワードの新曲MVで殺陣に初挑戦

ツイート

活動10年目を迎えたVALSHEが11月20日、13枚目のシングル「紅蓮」をリリースする。その表題曲ミュージックビデオが公開となった。

◆「紅蓮」ミュージックビデオ 動画

楽曲「紅蓮」は、“希望”と“絶望”という相反しつつも深く相関しあう2つのキーワードが主軸に据えられたもの。メジャーデビューから10年目という節目を迎えたVALSHEの新たな決意が力強く表現されている。

作曲はTVドラマ『ドラゴン桜』主題歌をはじめ、J-POPシーンやアニメシーンでも知られる小高光太郎と、『マクロスΔ』などに楽曲提供しているUiNAの共作だ。また、編曲には数多くのVALSHE代表作を生み出してきた齋藤真也が起用された。

同曲のミュージックビデオでは自身初の試みとなるバトルアクション“殺陣”を取り入れた戦闘シーンが激しい。拳や剣で敵に挑み、何度も地に叩きつけられるVALSHEの姿が新鮮でもある。今作を10年目の“初撃”と銘打ったVALSHEの積極的な意欲が垣間見られるとのことだ。


■13thシングル「紅蓮」

2019年11月20日(水)発売
【初回限定盤 (CD+DVD)】JBCZ-6112 ¥1,636+税
特典DVD:紅蓮 Music Clip & Music Clip off Shot
【通常盤 (CD)】JBCZ-6113 ¥1,000+税
▼CD収録曲 (全形態共通)
1. 紅蓮
作詞:VALSHE / 作曲:小高光太郎, UiNA / 編曲:齋藤真也
2. 空白の四月
作詞・作曲:VALSHE / 編曲:G’n-
▼タイアップ
テレビ東京系列『たけしのニッポンのミカタ!』エンディングテーマ
放送:毎週金曜日22:00~22:54 (10月〜12月)
MC:ビートたけし、国分太一
※テレビ東京系含む全国27局ネット
https://www.tv-tokyo.co.jp/mikata/

この記事をツイート

この記事の関連情報