ホリプロ初の男性ダンス&ボーカルグループ「WATWING」始動

ツイート

ホリプロ初の男性ダンス&ボーカルグループ「WATWING(ワトウィン)」が2020年にデビューすることを発表した。

◆コメント動画・メンバー画像

メンバーは 八村倫太郎、桑山隆太、高橋颯、鈴木曉、福澤希空、古幡亮の6人。2019年Star Boys Auditionにより結成され、6月の最終オーディションによるメンバー決定から現在に至るまで、毎日過酷なダンストレーニング、ボーカルレッスンに励んでいる。

スラングで「何?」を意味する「WAT」と、「翼」という意味の「WING」を組み合わせたグループ名には、「誰に何を言われようと、 自分達の想いを貫いて羽ばたいて行きたい」という思いが込められている。

メンバーたちは「不完全な僕らの『人生』や『生き様』をさらけ出す事で、何かを感じて欲しい。一歩踏み出す勇気を与えたい! 僕らのパフォーマンスを見て、笑顔になったり、何か心が動いたりしてくれたら嬉しいです。応援してもらうグループより、誰かを応援してあげられるグループになりたい!!」と強い想いを口にしている。


■鈴木曉(すずきあさひ)

自分が歌う事を好きになったのは家族の影響が大きいです。家の中や車の中など、常に歌が日常にありました。家族皆で歌を歌い、歌う事の楽しさをそこで覚えました。物心ついた時には絶対歌手になってやる!と思っていました。東京に行ってビックになってここまで大きく育ててくれた母や支えてくれた皆に恩返しをしたいと言う気持ちが強くあります。このオーディションに受かってスタート地点に立てたので、これからはもっと自分を磨いて、魅力的な男になって、皆さんに応援してもらえるように頑張りたいと思います。

■桑山隆太(くわやまりゅうた)

BTSのダンスと歌に憧れて、中学2年生の時にダンスを始めました。そして、dance&vocalグループに入りたいという夢を抱き、その夢を叶える為にこのオーディションに参加しました。合格する事ができて、夢や希望を持って挑戦する事が大切なんだと実感しました。歌やダンスには人の心を動かすことができる力があります。僕がBTSに影響を受けたように、僕も誰かの力になりたいです。僕たちをきっかけにダンスや歌を始めた人が増えればいいなと思っています。これを叶えるためにはとにかく努力しかありません。その努力を怠らず、これから頑張りたいと思っています。応援よろしくお願いします!

■八村倫太郎(はちむらりんたろう)

僕はずっと芸能界に憧れを持っていて、数々のオーディションに挑戦していました。ホリプロのオーディションも今回ので3回目の挑戦でした。三度目の正直でやっと自分のやりたかった事に一歩踏み出すことが出来ました。自分が大好きな音楽を、ダンスと歌を通して、老若男女問わず、国問わず、世界中の人々の心を震わすエンターテイメントとして届けていきたいと思っています!! そしてWATWING の曲が、パフォーマンスが、1人でも多くの人の活力となったらとても嬉しいし、そうなるよう突っ走っていきます!!

■古幡亮(ふるはたりょう)

僕の人生に影響を与えてくれたアーティストグループは2組です。まずは世界的なアーティストBIGBANG。彼らの作品を見た時、僕の体に電撃が走ったのは今でも忘れられない感覚です。そしてもう1組は日本を代表するダンスグループのs**t kingzの4人。彼らのダンスを見た瞬間から僕は彼らの背中を追いかけ、彼らに憧れて上京しました。そして、僕は現在ダンサーとしても活動しています。今まで自分が信じてきた道での経験を活かし、仲の良すぎる6人で突っ走っていきます! 最高な音楽とパフォーマンスを皆さんにお届けし、僕ら自身も音楽の一部になって楽しむことを忘れない! WATWINGの由来でもある世界中のみんなと僕らがこの活動を通して一つに繋げられたら幸せです! ホリプロから世界に通ずるアーティストを目指します!

■福澤希空(ふくざわのあ)

僕らの歌を聴いて、 僕らのダンスを見て、皆さんが笑顔になったり、何かに共感して涙したり、皆さんの心に何らかのメッセージを刻んでいく…そんなユニットでありたいと思っています。一歩一歩を大切に、皆さんと向き合って、これから進んで行きたいと思います! 目指すは世界中から愛されるアーティスト!!!

■高橋颯(たかはし ふう)

まず、こうして僕らの結成をみなさんにお知らせする事が出来てとても嬉しいです。メンバー決定から約半年、心優しくて暖かいメンバーやスタッフの皆さんに支えられ、念願のデビュー発表をする事が出来ました。これまでやってきた事でやっとスタートラインに立てたというような気がしています。僕は学生時代、学校や仕事、家族や友人関係など、何もかも上手くいかなくて、自分の人生から逃げ出そうとしていた時に、玉置浩二さんの歌に出会い救われました。それから、自分も同じように“誰かを勇気付けたい”という思いを抱いてきました。微力ながらも、僕もこれから出会う沢山の方の心の支えになりたいですし、またそういう人間になれるように頑張りたいです。
これから応援して頂けるようなグループであるとともに、誰かを応援できるグループになれるように、僕らのやるべき事をしっかりと続けていくつもりでいます。 よろしくお願いします!!

この記事をツイート

この記事の関連情報