IK Multimediaからメーカー公認のハモンド・オルガン音源「Hammond B-3X」パッケージ版

ツイート

Hammond B-3を再現した、メーカー公認のバーチャルインストゥルメント「Hammond B-3X」パッケージ版がIK Multimediaより登場。11月22日より発売される。

「Hammond B-3X」は、Mac/PC上で動作するHammond B-3バーチャル・インストゥルメント。Hammond B-3を再現したバーチャルインストゥルメントは多数存在するが、この「Hammond B-3X」は、IK Multimedia社が、米国シカゴのハモンドオルガンカンパニーと浜松の鈴木楽器製作所とともに共同開発したもので、HammondおよびLeslieが公認した史上初のソフトウェアインストゥルメントとなる。ダウンロードで先行発売され大好評となり、強い要望からパッケージ版の発売が決定した。


▲コーラス/ビブラートから、パーカッション・スイッチの配置まですべての要素を実機同様に再現。白黒反転のキーには24種のカスタム・ドローバー設定を保存でき、リアルタイムに音色切替が可能。

「Hammond B-3X」のサウンドはオルガン本体のサウンドの忠実な再現だけでなく、あわせて用意された複数のエフェクトを組み合わせることで生成される。5種類のストンプエフェクト、Leslieロータリーキャビネット(8種類のアンプと5種類のロータリーキャビネットの組み合わせを自由に選択可能)、パラレルでミックス可能なギターアンプ(AmpliTube 4から抜粋)などに加え、コンプレッサー、EQなどのポストエフェクト(T-RackSから抜粋)が用意される。実機さながらの信号の流れを再現した上で、全体的なサウンドシェイピングを行える。


▲ライブ使用に最適なControlsビューでは、キーボードを非表示にして、ドローバーとスイッチを拡大表示。最新のハモンド・デジタル・オルガンのMIDIアサインにも対応すし、すぐに演奏が行える。

そのサウンドは究極のリアリズムを提供するため、実際のオルガンと同じ機械的動作に基づいて制作。入念にメンテナンスされたハモンドオルガン実機を使い、音色の元となる91組のトーンホイールから生成される音をサンプリング。演奏するキーとドローバーセッティングに従い、リアルタイムにサウンドをミックスして生成している。さらにIK Multimediaが誇るモデリング技術により、トーンフィルタリング、キークリック、そしてハモンドを象徴するパーカッションサウンドに加え、コーラス、ビブラート回路を忠実に再現。すべてのコントロール類、回路がIKの厳格な基準に沿ってモデリングされ、さらにハモンドオルガンカンパニーによるチェックが繰り返し行われた。


▲ロータリーキャビネットやアンプ、トーンホイール、エフェクトなど詳細なセッティングが可能。

年代によるコンディションの違いもシミュレート可能なのも特徴の一つ。音色のバランス、ジェネレーターリークやクロストークによる音楽的なノイズ、コーラス回路のブースト具合をコントロールが可能となっている。

パッケージ版の発売を記念して、お得な「初回限定版」を数量限定で用意。予定数が完了し次第終了となるので気になる方は早めのチェックを。

製品情報

◆Hammond B-3X初回限定版
価格:オープン(市場実勢価格 29,800円 税別)
◆Hammond B-3Xクロスグレード初回限定版
価格:オープン(市場実勢価格 24,800円 税別)
※クロスグレード版は、IKオンラインストアでの通常価格が€99.99以上の製品(ソフトウェアまたはハードウェア)を既に所有し、自身のアカウントに登録済のユーザー限定の商品。ハードウェア製品に付属しているSampleTank 3 SE、AmpliTube Metalなどは除く。
※予定数に達し次第販売開始される通常価格製品は44,800円、クロスグレードは31,800円(いずれも市場実勢価格、税別)
発売日:2019年11月22日
この記事をツイート

この記事の関連情報