ローランドの定番シンセにブラック鍵盤モデル「JUNO-DS61B」「FA-06B」登場

ツイート

ローランドの定番シンセサイザー「JUNO-DS61」「FA-06」に、ブラック鍵盤を搭載したモデルが登場。「JUNO-DS61B」と「FA-06B」が、台数限定で11月30日に発売される。


▲JUNO-DS61B

▲FA-06B

高品質なサウンド、直感的な操作、そして軽量なシンセサイザーとして、エントリーからプロフェッショナル楽曲制作まで幅広く活用されている「JUNO-DS61」と「FA-06」に、シックなブラック鍵盤を搭載したモデルが台数限定で登場。同梱のオーバーレイ・シートを装着すれば、オール・ブラックの外観に。より個性的なシンセが欲しい人は要チェックだ。

ブラック鍵盤モデルの「JUNO-DS61B」「FA-06B」ともに、基本性能はレギュラーモデルの「JUNO-DS61」「FA-06」と同様。


「JUNO-DS61B」は、5.3kgの軽量コンパクト設計で、バッテリー駆動も可能。マイクインプットと内蔵ボーカルエフェクトも備え、ステージから練習、ストリートライブまで幅広く活躍するモデルだ。8つのフレーズ・パッドは、USBメモリー内のオーディオデータを割り当てて叩いて再生が可能。8トラックのパターン・シーケンサーも搭載する。


「FA-06B」は、直感的な操作でインスピレーションを形にできるミュージック・ワークステーション。音源モジュールINTEGRA-7のトーンを継承、SuperNATURAL音源のサウンドや名器XV-5080のPCMサウンドを搭載。16トラックシーケンサー、16個のパッド、オーディオ素材を即座に扱えるサンプラーを備えるほか、外部音源をコントロールするためのマスター・キーボード機能も搭載する。

両モデルともパソコンとの連携もカンタン。USB経由でMIDIコントロールだけでなく、オーディオインターフェイスとしても利用できる。また、音色追加ライブラリ・サイトAxialから、好きな音色をダウンロードしてサウンドを拡張することも可能だ。

製品情報

◆JUNO-DS61B
価格:オープン(市場予想価格 税別73,000円前後)
◆FA-06B
価格:オープン(市場予想価格 税別118,000円前後)
発売日:2019年11月30日
この記事をツイート

この記事の関連情報