みなとみらいの海が一望できる新店舗「Bayside Motion」に Kid Fresino、ゆるふわギャング、kZmといった新世代のラッパーが集結

ツイート

2019年11月16日(土)に、新港ふ頭客船ターミナル横浜ハンマーヘッドの2階にオープンした新店舗「Bayside Motion」で開催されるオープニングパーティに、Kid Fresino、ゆるふわギャング、kZmといった新世代を代表するラッパーたちが揃って出演する。


今や伝説のグループとなったFla$hBackSの一員として、2013年に19歳でデビューを果たしたKid Fresino。アルバム『Coincidence』で打ち出した、変拍子を用いたバンド形態による先鋭的な楽曲がヒップホップのみならず、幅広いリスナーに衝撃を与え、そのフリーフォームかつジャンルにとらわれない柔軟な活動で、いま最も脚光を浴びるトップアーティストがBayside Motionでライヴパフォーマンスを披露する。


また、ラッパーのRyugo IshidaとNENE、プロデューサーのAutomaticによるユニットゆるふわギャングも参戦。「Fuckin' Car」MVがメジャー・レイザーのディプロにツイートされたことで88Risingなどの海外メディアで取り上げられ、さらにケミカル・ブラザーズの最新アルバム『No Geography』収録の「Eve of Destruction」にNENEが起用されるなど国内外で大きな話題となり、音楽面のクオリティーの高さはもちろん、クールなビジュアルと独特なキャラクターなどが評価され、一躍話題の存在となったゆるふわギャングもライヴ出演する。


さらに3組目は、次世代ヒップホップ・クルーという枕詞がもはや必要ないほど、シーンを代表する存在となったYENTOWNの最年少ラッパーであるkZmも出演決定。5lackやAwich、BIM、jjjなどが参加したファーストアルバム『DIMENSION』でその評価を絶対的なものにした次世代を代表するラッパーがパフォーマンスを披露する。

目覚ましく進化していくヒップホップの中でも、先進的な作風で時代を鮮やかに切り開く3つの才能が、この日、横浜Bayside Motionでどのように交わるのか、期待せずにはいられない。


<HIP HOP MOTION #1>

2019年11月15日(土曜日)18時 開場 〜 22時00分 終演
横浜Bayside Motion
〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-14-1新港ふ頭客船ターミナル横浜ハンマーヘッド2F
出演:
Kid Fresino / ゆるふわギャング / kZm and more
料金/チケット:
[当日券] 3500円 (1drink )

◆横浜Bayside Motion オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報