全英アルバム・チャート、ELOが38年ぶりの1位

ツイート

今週のUKアルバム・チャートは、ジェフ・リンズELOの4年ぶりの新作『From Out Of Nowhere』が初登場で1位を獲得した。エレクトリック・ライト・オーケストラ、ELO名義で発表してきたものを含むと14枚目のスタジオ・アルバムで、全英1位は1981年にリリースした『Time』(ELO名義)以来38年ぶりだった(ベスト盤は2016年に1位を獲得している)。

◆全英チャート 関連画像、動画

ジェフ・リンズELOは、「今日、#FromOutOfNowhereが全英1位になるのに貢献してくれた僕らの素晴らしいファン、ありがとう! 人生最良のときだ!」と、コメントしている。







2位には、英国人のシンガー・ソングライター、マイケル・キワヌカのサード『KIWANUKA』がチャート・イン。エド・シーランの『No.6 Collaborations Project』が先週の6位から3位へ再浮上した。

今週はトップ2枚ほか、UKのヒップホップ・デュオKrept & Konanのセカンド『Revenge Is Sweet』が5位、ボブ・ディランのブートレッグ・シリーズ『Travelin' Thru, 1967 – 1969: The Bootleg Series Vol. 15 』が6位、英国人のシンガー2人、アレッド・ジョーンズとラッセル・ワトソンのコラボレーション・アルバム第2弾『Back In Harmony』が7位に初登場している。

シングル・チャートの首位は変わらず、トーンズ&アイが6週連続で1位に輝いた。2位には、デュア・リパの新曲「Don’t Start Now」が初登場。先週末開催された<MTVヨーロッパ・ミュージック・アワーズ>は、この曲のパフォーマンスで開幕した。



先週2位だったRegardの「Ride It」は3位に後退。アルバム・チャートと違い、動きが小さく、今週新たにトップ10入りしたのはデュア・リパのみだった。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報