キッス、ポール・スタンレーの体調不良によりオーストラリア・ツアーの初日変更

ツイート

キッスは、ポール・スタンレーがインフルエンザにかかり、ドクター・ストップがかかったため、オーストラリア/ニュージーランド・ツアーの日程を変更すると発表した。

◆キッス画像

バンドは日曜日(11月10日)、こう伝えた。「我々は、11月16日土曜日パースで待望の<End Of The Road>ツアーを開幕するため、明日アメリカを発つ予定だった。(しかし)ポール・スタンレーが重症のインフルエンザにかかったため、医師からもう数日休みを取り、ロサンゼルス~パースのような長時間の移動は控えるよう忠告された」

初日(11月16日)に予定していたパース公演は、ツアー最後の12月3日に変更するそうだ。

「12月3日に終わるオーストラリアでの公演後、キッスはすぐに日本へ向かうため、当初12月3日にニュージーランド・オークランドで予定していた公演の振り替えはできず、残念ながらキャンセルする」という。

ニュージーランドでの公演はこの1回しかなく、今回は同国でパフォーマンスしないことになったが、「ファンに深くお詫びする。オークランドでの公演は、この先、再計画する」と記している。

これで、オーストラリア・ツアーの初日は11月19日となった。日本ツアーに支障はなく、12月8日からスタートする。

キッスは9月、ジーン・シモンズが早急に腎臓結石の治療を受ける必要が生じ、北米での公演を延期している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報