WANDS、始動「続きをやってみたくなった」

ツイート

WANDSが新たなボーカリストとともに再集結、第5期を始動することが明らかとなった。2019年11月17日にライブ生配信を実施、2020年1月29日にニューシングル「真っ赤なLip」をリリースする。

◆WANDS 画像

WANDSは1991年のデビューから2000年3月の解体(解散)まで、「もっと強く抱きしめたなら」「時の扉」「世界が終るまでは…」「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」をはじめとしたコラボ含む16枚のシングルと5枚のオリジナルアルバムをリリース。うち5枚のミリオンシングルと3枚のミリオンアルバムを放った。

その第1期(1991~1992)は上杉昇(Vo)、柴崎浩(G)、大島こうすけ(Key)、第2期(1992~1996)は上杉昇(Vo)、柴崎浩(G)、木村真也(Key)、第3期(1997~2000)は和久二郎(Vo)、杉元一生(G)、木村真也(Key)とメンバーチェンジを繰り返して活動した稀有なバンドでもある。

伝説のロックバンドが令和に復活を果たす。メンバーは柴崎浩(G)と木村真也(Key)に加え、新たなボーカリストとして上原大史が参加、WANDS第5期となる。

WANDSの再結成を望む声はデビュー25周年の2016年をはじめ、DAIGOが「もっと強く抱きしめたなら」をカバーした2018年に高まりをみせたという。その声はプロデューサーの長戸大幸にも届いており、同時期に、現ビーイングの大島こうすけ、大島と折に触れて音楽活動を行ってきた柴崎浩も再始動について考えていることを知った長戸は、かねてよりボーカリストとして高く評価していた上原大史を彼らに引き合わせた。

上原の感情を解放するかのような声、多彩な表現力、圧倒的な歌唱力は、WANDSサウンドを構築するに相応しいと一同の思いが合致。楽曲制作を開始したのが第4期となる。その後、大島が楽曲提供等の制作に専念するため木村真也が合流、いよいよ第5期WANDSの活動が始動する。

始動第一弾は、11月17日に大阪で行われるフリーイベント<DFT presents 音都 ONTO vol.6>への出演だ。同イベントライブはYouTube LIVEで同時生配信、往年の大ヒット曲はもちろん、新曲も披露されるなど、復活ライブが全国のファンへ届けられる。また、2020年1月29日には約21年ぶりのシングル「真っ赤なLip」のリリースが決定。新曲はスリリングで挑発的なロックチューンに仕上がったとのことだ。カップリングには柴崎浩アレンジによる「時の扉」「もっと強く抱きしめたなら」のWANDS 第5期ver.が収録される。

以下に、メンバーのWANDS始動に関するコメントをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

「WANDSは子供の頃から大好きで、ずっと憧れの存在としてリスペクトしていました。
そのWANDSに、まさか自分がボーカルとして加入する事となり、柴崎さん、木村さんと一緒に音楽制作をしてステージに立つとは思いもしませんでした。自分に務まるか不安はありますが、やるからには覚悟決めてやらせて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します」──上原大史 (Wehara Daishi / Vo)

「続きをやってみたくなった」──柴崎浩 (Shibasaki Hiroshi / G)

「皆さんと出会える機会を3人で作っていきたいと思います」──木村真也 (Kimura Shinya / Key)

   ◆   ◆   ◆


■第5期始動第一弾ライブ+同時生配信<DFT presents 音都 ONTO vol.6>

11月17日(日) 大阪・堂島リバーフォーラム
http://dojimaforumteam.jp/
▼LIVE生配信視聴方法など詳細
・WANDSオフィシャルサイト http://wands-official.jp
・WANDS Official Twitter @WANDS_INFO
※配信開始時間:11月17日(日)19:10~ 予定

■シングル「真っ赤なLip」

2020年1月29日(水)リリース
【通常盤(CD)】GZCD-7006 ¥1000+税
1. 真っ赤なLip
2. 時の扉 〜WANDS 第5期 ver.〜
【タイアップ盤(CD)】GZCD-7005 ¥1000+税
1. 真っ赤なLip
2. もっと強く抱きしめたなら 〜WANDS 第5期 ver.〜
3. 真っ赤なLip -TV size-

・「真っ赤なLip」作詞:上原大史 作曲/編曲:大島こうすけ
・「時の扉 〜WANDS 第5期 ver.〜」作詞:上杉昇 作曲:大島康祐 編曲:柴崎浩
・「もっと強く抱きしめたなら 〜WANDS 第5期 ver.〜」作詞:上杉昇・魚住勉 作曲:多々納好夫 編曲:柴崎浩

■第5期メンバーPROFILE

▼上原大史──第5期ボーカリスト
関西のインディーズバンドをはじめ、様々な音楽プロジェクトに参加。その歌声、パフォーマンスがWANDSのプロデューサー・長戸大幸の目に留まり、WANDS第5期のボーカルに抜擢。
▼柴崎浩──第1期、第2期のギタリストを務め、WANDS黄金期に数々の名曲を量産
相川七瀬、T.M.Revolutionのライブツアーへの参加、西川貴教らと結成したabingdon boys school等で活動し、現在は自身のライブ活動のほか、マルチクリエーター・みやかわくんのライブツアーサポート、楽曲提供も行う作曲家、編曲家、ギタリストとして活躍。
▼木村真也──第2期、第3期のキーボーディスト
曲提供にタッキー&翼「REAL DX」、跡部景吾(加藤和樹)「Higher!」をはじめ、バンド、アイドル、ゲーム音楽まで幅広く手掛ける作曲家、編曲家、プロデューサーとして活躍。
[楽曲提供]
▼大島こうすけ──第1期のキーボーディストを務め、第2期以降も「時の扉」「恋せよ乙女」等のヒット曲を提供
MAN WITH A MISSIONやMay J.等のサウンドプロデュース、B’zや稲葉浩志、西川貴教等のライブツアーサポート、嵐やAKB48等への楽曲提供も行う、サウンド・プロデューサー/作曲家/編曲家/キーボーディストとして活躍。

この記事をツイート

この記事の関連情報