テイラー新モデル、100シリーズ待望のサウンバーストカラー、200DLXの12弦モデル、Big Baby-e、Bulder's Editionが登場

ツイート

テイラーギターズから新モデルが多数登場。「Builder’s Edition K24ce V-Class」、「100シリーズ」のサンバーストカラー、「200DLXシリーズ」の12弦モデル、ピックアップ搭載の「Big Baby-e」が11月上旬より順次発売される。

■Builder’s Edition K24ce V-Class

▲Builder’s Edition K24ce V-Class 870,000円(税別)

V-Classブレーシングのデビューを記念してマスタービルダーのアンディ・パワーズにより特別な次世代モデルBulder’s Edition K14ce V-Classが製作されたのが2018年。その第3弾として「Builder’s Edition K24ce V-Class」が発売される。リッチでウォームなコア材特有の贅沢なサウンドと美しいビジュアルを併せ持つゴージャスなモデルだ。

最新のV-Classブレーシング構造の採用で、音量とサスティンを両立させているのはもちろん、丸く面取りされ角がなくより抱えやすいボディエッジ、面取りされたアームレストでより快適な弾き心地を実現。親指の位置を変えることなくハイフレットにスムーズにアクセスできるよう、カッタウェイも面取りされている。衣服との摩擦音を軽減したサイレント・サテン・フィニッシュで、シビアなレコーディングにも対応する。

■200DLXシリーズ12弦モデル

▲250ce DLX BLK 260,000円(税別)

オールグロスフィニッシュ、ハードケース付属の200DLXシリーズに12弦モデルが登場。オールブラックボディ、ドレッドノートスタイルの「250ce DLX BLK」がリリースされる。トップはルッツスプルース単板、バック&サイドはメイプル。ピックアップは最新のExpression System 2 (ES2) を搭載する。

■Big Babyのピックアップ搭載モデル

▲Big Baby-e  93,000円(税別)

フルサイズドレッドノートよりも一回り小さい15/16サイズのBig Babyモデルに、ピックアップ(ES-B)搭載モデル「Big Baby-e」が発売。本機の発売に伴い、ピックアップなしの「Big Baby」は生産中止となる。サイド&バック材はレイヤードサペリからレイヤードウォルナットに変更されている。

■100シリーズ サンバーストカラー

エントリーモデルの100シリーズに待望のニューカラー、サンバーストが登場。ドレッドノートの110、グランドオーディトリアムの114ともにカッタウェイありとなしをラインナップ。114ceにはナイロンモデルも用意。150eはドレッドノートの12弦モデル。


▲110e-Walnut Sunburst 133,000円(税別)

▲110ce-Walnut Sunburst 150,000円(税別)

▲114e-Walnut Sunburst 133,000円(税別)

▲114ce-Walnut Sunburst 150,000円(税別)

▲114ce-Walnut-Nylon Sunburst 170,000円(税別)

▲150e-Walnut Sunburst 150,000円(税別)
この記事をツイート

この記事の関連情報