ましのみ、新型ショルキーでステージを自在に駆け回る。<OKIGARU>盛況

ツイート

ましのみが11月15日(金)にShibuya TSUTAYA O-WESTにてワンマンライブ<OKIGARU>を開催した。

◆ましのみ ライブ画像

現役大学生として2018年デビューした彼女だが、今年の春に大学を卒業。今回のライブは社会人になって初のワンマンライブとなる。

エレクトロサウンドやチップチューンを取り入れ、ピアノ弾き語りスタイルのシンガーソングライターと一線を画す熱いライブを展開することで評価の高い”ましのみ”。10月に配信限定シングルとしてリリースされた「エスパーとスケルトン」では有形ランペイジのsasakure.UK氏とのコラボにより、その不思議な世界観を拡大させている。

“ましのみ”が奏でるキーボードを中心に、DJ、キーボード、ドラムという変則的なバンド構成でのジャムセッションから「AKA=CHAN」でライブはスタート。人間の深層心理の真髄をかつてない視点でつく「赤ちゃんになりたい」というメッセージで会場は一気に大合唱となる。


今回ステージ上に新しく登場した楽器はYAMAHAの新型ショルキー「sonogenic SHS-500」。時代を超えて進化するミニショルダーキーボードの最新型だ。ステージ中央に設置されたメインキーボードを爪弾くだけでなく、ステージ全体を使ってパフォーマンスをする彼女には、願ってもいない羽となるアイテムだ。この新アイテムをひっさげた彼女は、縦横無尽にステージを駆け回って会場を盛り上げていく。

アルバム収録曲の「錯覚」や「凸凹」など弾き語りでしっとりと聴かせる緩急をつけた演出は、とてもデビュー2年目とは思えない堂々としたパフォーマンスである。さらに新曲「薄っぺらじゃないキスをして」を初披露するなど、ダブルアンコールを含み全18曲を披露した。


「"OKIGARU”というライブタイトルをつけた今回のライブ。こんなに力を抜いてライブをしたのは初めてですが、より一層皆で一体となって楽しめた気がして良かったです。私にとっての中心は私の曲を聴いてくれている皆さんなので、そんなみなさんが "日々の中心にある何か" を頑張り続けられるように私の曲を通して少しでも生きるパワーを与えられていたら嬉しいです。」とメッセージを送った。

同ライブは11月20日(水)にも大阪アメリカ村BEYONDで開催されるほか、12月26日(木)にはShibuya eggmanにて年内最後となる自主企画対バンライブも開催される。ぜひ2019年の総括となるましのみライブをチェックしてみてほしい。

写真:福岡諒祠

■ライブ情報

<ましのみワンマンライブ「OKIGARU」>
11月20日(水) 大阪アメリカ村BEYOND
¥4,000(ドリンク代別) 学生キャッシュバック有

<ましのみpresents 心が上昇するライブ vol.4>
12月26日(木)東京:Shibuya eggman
¥3,000(ドリンク代別)

この記事をツイート

この記事の関連情報