Da-iCE、乃木坂46 4期生ら出演<AGESTOCK2019>、延べ6000人が来場

ツイート

<AGESTOCK2019 in TOKYO DOME CITY HALL>が11月16日(土)・17日(日)、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開催された。

◆<AGESTOCK2019 in TOKYO DOME CITY HALL> 写真

<AGESTOCK>は、首都圏の学生団体により結成された企画集団「AGESTOCK実行委員会」が主催する“日本最大級の合同学園祭”だ。13年目の開催となった今回は、16日(土)に乃木坂46 4期生が、17日(日)にDa-iCEが登場。2日間で延べ6000人が集まり、大盛況のうちに幕を下ろした。

開催初日は、学生パフォーマーの和太鼓演奏や、よさこいによるオープニングステージでスタート。続いて、9回目を迎える学生による学生のための音楽コンテスト「Next Age Music Award 2019 FINAL」より、200組以上の応募中から選ばれたファイナリスト2組のライブパフォーマンス対決が披露され、会場投票により“Ochunism”がグランプリに選ばれた。またこの日には、日本一の大学サークル美人を決めるミスコンテスト「MISS CIRCLE CONTEST 2019 supported by リゼクリニック・メンズリゼ」の表彰式も行われた。

カミナリのMCで「OVERTURE」が流れるとともに姿を現した乃木坂46 4期生は、遠藤さくらがセンターを務める「インフルエンサー」で勢いよくステージをスタート。「制服のマネキン」「命は美しい」「シンクロニシティ」といったヒット曲をノンストップで披露した。




「今日は、学生さんが主催されているイベントということで、私たちも近い世代として、皆さんと一緒にこのイベントを盛り上げていきたいと思いますので、最後まで楽しんでいってください!」とMCを挟んだ後、4期生のオリジナル楽曲「図書室の君へ」「キスの手裏剣」「4番目の光」などがパフォーマンスされ、会場はさらにヒートアップ。最後は「ガールズルール」で締めくくり、観客とメンバーが終始一体観を魅せるおよそ40分のスペシャルステージが幕を閉じた。




開催2日目には足立佳奈がライブで美声を響かせ、観客を魅了。この日は大学1年生を対象としたミスコンテスト「FRESH CAMPUS CONTEST 2019 supported by リゼクリニック・メンズリゼ」の表彰式などが行われた。

Da-iCEは2日間のラストに登場。オープニング映像が流れると、会場が一斉に白いペンライトに包まれた。黄色い歓声が飛び交う中で登場したメンバーは「FAKE ME FAKE ME OUT」「イチタスイチ」「FAKESHOW」を3曲連続で披露。続いて「恋ごころ」と、メンバー自らが作詞した「BET」といったバラードナンバーを歌った。



12月18日(水)にリリースされる新曲「BACK TO BACK」では、ボーカルの2人や、間奏のダンスパートに歓声が沸いた。最後は「TOKI」がパフォーマンスされ、花村想太と大野雄大による魅力的な歌声と全員での圧巻ダンスで観客を魅了させる30分のステージが終幕した。



■<AGESTOCK2019 in TOKYO DOME CITY HALL>

2019年11月16日(土)
2019年11月17日(日)
会場:東京・TOKYO DOME CITY HALL

◆イベントオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報