キッス、サメ向けに公演開催もサメは現れず…

ツイート

キッスが月曜日(11月18日)、オーストラリアの海上でホホジロザメに向かい特別パフォーマンスを行なったが、肝心のサメは現れなかったそうだ。

◆サメ向けライブの様子

地元のメディア『ABC Eyre Peninsula』は、「この公演は、キッスがホホジロザメのためにプレイすると宣伝されていた──が、実際にはサメは姿を見せなかった」「地元のサメはこのパーティーに来なかった。彼らはAC/DCの国産ロックのほうが好みなのかも?!」などと伝えている。

キッスはこの日、インフルエンザ、続く喉の感染症により休養中のポール・スタンレー抜きで、船上でパフォーマンスした。『ABC Eyre Peninsula』によると、幸運にもチケットを入手できた8人のファン+メディア、それに地元の人たちが船を出したことにより計50人ほどが観覧したという。

海中に設置したスピーカーから流れる音楽のみで、餌や血でサメを呼び寄せることはしなかったそうだ。

サメはいなかったが、ジーン・シモンズは「これは多分、いままで最も興味深いギグだ」と満足気だったという。





キッスはスタンレーの体調不良により、11月16日から12月3日に予定していたオーストラリア/ニュージーランド・ツアーを中止。今回はこのサメ向け公演がオーストラリアでの唯一のパフォーマンスとなった。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報