THE BACK HORN、「生きる気持ちにさせる音楽をやらなきゃ意味がない」

ツイート


THE BACK HORNが、10月23日にリリースしたフルアルバム『カルペ・ディエム』のツアー<THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」カルペ・ディエム~今を掴め~>を東京・渋谷WWW X公演を皮切りにスタートした。

◆THE BACK HORN 画像

超満員となった初日公演では、「心臓が止まるまでは」「太陽の花」をはじめとしたニューアルバム『カルペ・ディエム』の収録曲を中心に、全19曲を全身全霊で披露した。



メンバーからは、「アルバムリリースから1か月。20周年を経て4年振りにフルアルバムを新鮮な気持ちで作って、ここから始まっていくツアー。このアルバムの曲たちをみんなに聴かせる日がやってくるのをワクワクしながら過ごしていました。死ぬ気でやるのは礼儀として当たり前で、生きる気持ちにさせる音楽をやらなきゃ意味がないなと思っています。この『カルペ・ディエム』は4人の力を集めた最高のアルバム。このツアーは今を掴む、生きるための音楽をやっていきます。生きるためのライブをやります」と熱いメッセージが届けられた。





2020年2月15日の東京・新木場STUDIO COASTまで、ツアーは全22公演が行われる。

※Photo by Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)

■配信情報『カルペ・ディエム』

iTunes、レコチョク、mora他主要ダウンロードサイト、Apple Music、LINE MUSIC、Spotify他主要サブスクリプションサービスにて10月23日より配信中
https://jvcmusic.lnk.to/carpe_diem

■『カルペ・ディエム』特設サイト http://www.thebackhorn.com/feat/12th_al/

■12thアルバム『カルペ・ディエム』

2019年10月23日(水)発売

初回限定盤 A [CD+BD]VIZL-1615 / ¥6,500+税
初回限定盤 B [CD+DVD] VIZL-1616 / ¥5,500+税
通常盤[CD]VICL-65224 / ¥2,800+税

■CD収録内容
《全形態共通》
1. 心臓が止まるまでは(作詞、作曲:菅波栄純)
2. 金輪際(作詞、作曲:菅波栄純)
3. 鎖(作詞、作曲:山田将司)
4. フューチャーワールド(作詞、作曲:岡峰光舟)
5. ソーダ水の泡沫(作詞:松田晋二、作曲:岡峰光舟)
6. ペトリコール(作詞、作曲:山田将司)
7. デスティニー(作詞、作曲:岡峰光舟)
8. 太陽の花(作詞:松田晋二、作曲:菅波栄純)
9. I believe(作詞、作曲:菅波栄純)
10. 果てなき冒険者(作詞:松田晋二、作曲:山田将司)
11. アンコールを君と(作詞:松田晋二、作曲:菅波栄純、岡峰光舟)

■特典Blu-ray/DVD収録内容
初回限定盤A / B共通
・20th Anniversary
「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜
ファイナル 日本武道館公演 2019.2.8(115min)
1. オープニング -年輪の呼吸-
(Live SE「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜 ファイナル)
2. その先へ
3. ブラックホールバースデイ
4. サニー
5. 罠
6. ジョーカー
7. ひとり言
8. 悪人
9. 雷電
10. コワレモノ
11. 初めての呼吸で
12. ヘッドフォンチルドレン
13. 美しい名前
14. 未来
15. Running Away
16. グローリア
17. シンフォニア
18. コバルトブルー
19. 刃
ENCORE
20. 冬のミルク
22. ハナレバナレ
22. 無限の荒野

・MUSIC VIDEO
1.心臓が止まるまでは
2.太陽の花

初回限定盤Aのみ
・武道館ライブ当日のバックステージ、20周年メンバーインタビュー(33min)
・ライブ演出映像
1. 悪人
2. 雷電

この記事をツイート

この記事の関連情報