フェンダー、代官山T-SITE「FUTURE ANTIQUE」に出展 スペシャルイベント開催も決定

ツイート

フェンダーミュージックが、12月2日(月)より代官山T-SITEで開催される「FUTURE ANTIQUE」へ出展。また、期間中に100名限定のスペシャルイベント「FENDER JAZZ CLUB Vol.2」を開催することも発表された。

先端のギターエンジニアリングを、伝統に裏打ちされたデザインと融合させた「American Ultraシリーズ」。11月初旬の世界同時発表から、日本を代表するアーティストたち(春畑道哉、布袋寅泰、J)のパフォーマンスを収めたビデオも大きな話題となっている。

今回、代官山T-SITEで12月2日~9日まで開催される「100年後にアンティークと呼ばれる逸品たち」をコンセプトに展示される“FUTURE ANTIQUE”の一つとして「American Ultraシリーズ」が選ばれ、展示されることとなった。展示スペース「THE NEXT CHAPTER - AMERICAN UNLTRA」では、上記アーティストたちのビデオを視聴しながら、実機に触れることができる。

また、期間中には「FUTURE ANTIQUE」の開催を記念して、100名限定のスペシャルイベント「FENDER JAZZ CLUB Vol.2」の開催も決定した。

昨年、「ジャズプレイヤーが奏でるJazzmaster」をコンセプトに、湘南T-SITEで開催された完全招待制イベント「FENDER JAZZ CLUB」。その第二弾となる本イベントでは、「新しいJAZZの幕開け」をコンセプトに、さまざまなジャンルの垣根を超えて活躍する日野“JINO”賢二をホストに迎え、ヴォーカリストでフリューゲルホルンプレイヤーでもあるTOKU、パーカッショニストのYUI ARAKAWAを加えたメンバーでスペシャルなライブセッションをお届けする。

日野“JINO”賢二がプレイする最新のAmerican Ultra Jazz Bassのサウンドを中心に、卓越したトリオのテクニカルかつ、グルーヴィなパフォーマンスが生み出す、100年後も色褪せることのない「新しいJAZZ」を体感しよう。

<出演者プロフィール>

●日野“JINO”賢二
ベーシスト/作詞/作曲家/プロデューサー。NY育ち。Joe、メイシー・グレイ、ジェッフ・ミルズ、ジェシカ・シンプソン、Blondie、MISIA、さかいゆう、AI、Def Tech、黒木メイサ、May Jなど、数々のライブサポート、レコーディング・ワークスを手がける。

●TOKU
1973年生まれ。新潟県出身。
日本唯一のヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレーヤー。父親の影響でノンジャンルで音楽に親しみ、中学時代にブラスバンドで初めての楽器コルネットを手にする。2000年1月アルバム“Everything She Said”でソニー・ミュージックよりデビュー。デビュー当初から注⽬を集め、その年の8月には早くもブルーノート東京に出演。また、アルバムはアジア各国でもリリースされ、積極的に海外での公演も行っている。

●Yui Arakawa(荒川 結)
ジャンベを主軸とし、ラテン楽器に加え、サンバパーカッションやビリンバウ等のブラジリアンパーカッションを得意とする。役者としても活躍しており、TVドラマ、舞台、ミュージカルに多数出演。

THE NEXT CHAPTER - AMERICAN ULTRA

期間:12月2日(月)~9日(月)
場所:代官山 蔦屋書店3号館 2階 代官山Session ギャラリー

FENDER JAZZ CLUB Vol.2

開催日:2019年12月7日(土)
時間:開場12:00 /開演12:30
場所:代官山 蔦屋書店3号館 2階 代官山Session イベントスペース
〒150-0033 東京都渋⾕区猿楽町17-5
出演:KENJI“JINO”HINO(b)、TOKU(flh、vo)、YUI ARAKAWA(perc)
料⾦:1,500円 税込(ワンドリンク付き)先着100名様
お問い合わせ:代官山 蔦屋書店 店頭(3号館2階レジ)
電話:03-3770-2525(音楽フロア宛)
※当日は、整理番号順に入場いただきます。
※参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
※止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
この記事をツイート

この記事の関連情報