金子駿平、隅倉弘至(初恋の嵐)プロデュースのミニALは初のバンドサウンド

ツイート

シンガーソングライターの金子駿平がミニアルバム『NEW LIFE II』を12月4日(水)に発売する。

◆金子駿平 MV、ジャケット写真

これまで弾き語りがほとんどだった金子駿平だが、今作では初めてバンドサウンドでのレコーディングを実施。アルバムのプロデュースは隅倉弘至(初恋の嵐)が担当しており、フジイケンジ、高野勲、神谷洵平、中村圭作も同作に参加している。

YouTubeでは、アルバム収録曲「ニューライフが待ってる」「シルバームーン」のミュージックビデオが公開されている。ディレクションを担当したのは宮下太輔だ。



金子駿平は12月14日(土)に東京・下北沢GARAGEにてワンマンライブ<Let me take you down>を開催。この日は、弾き語りとバンド編成の2部構成でのライブとなる。バンドメンバーは、いそだ(G/said)、ゆうりか(B/羊文学)、さかたる(Dr/ラヴミーズ)、さとふみ(Key/ゆうらん船)だ。

■『NEW LIFE II』


▲『NEW LIFE II』

2019年12月4日(水)発売
GUPC-0003/¥1,364 +税

[収録曲]
1. ニューライフが待ってる
2. シルバームーン
3. 飛行機の小さな窓から
4. 声が聞きたいよ
5. おやすみグッドナイト

■<Let me take you down>

2019年12月14日(土)
東京・下北沢GARAGE
open 18:30/start 19:00

弾き語り/バンド編成の2部構成
オープニングアクト:安心安全 (お笑い)

【バンドメンバー】
G いそだ(said)
B ゆうりか(羊文学)
Dr さかたる(ラヴミーズ)
Key さとふみ(ゆうらん船)

この記事をツイート

この記事の関連情報