米津玄師「Lemon」、DAM年間カラオケランキングで2年連続1位

ツイート
▲楽曲別 TOP10

通信カラオケDAMの2019年カラオケランキング(調査期間:2019年1月1日〜11月16日)が発表され、今年もっとも歌われた楽曲が米津玄師の「Lemon」であることが明らかになった。

◆ランキング結果 画像

昨年2018年に引き続き、2年連続で1位に輝いた「Lemon」。同曲は2018年3月18日〜2019年10月26日までの期間中、週間ランキングにて84週連続1位の記録を樹立する快挙も成し遂げている。

米津玄師は、この結果を受けて「とても光栄です。この曲を作ったのが遠い昔のことのような気分でいます。これからも続くであろう長い人生の中で、このような得難い経験をさせてもらったことに感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントを寄せた。



2位を獲得したあいみょんの「マリーゴールド」は、昨年8月の発売以来、ミュージックビデオの再生回数が1億回を突破するなど、若年層を中心に人気を博している楽曲。初登場曲は4曲で、昨年圏外だった10曲がランクインした。なお、TOP50のうちPOPS曲が48曲を占めた。



歌手別TOP10の9位にランクインしたOfficial髭男dismの「Pretender」は、「今年発売楽曲ランキング TOP10」で1位に。同曲は映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌として書き下ろされた、等身大の歌詞が魅力的なミディアムナンバーだ。



▲歌手別 TOP10

▲今年発売楽曲ランキング TOP10

そのほか演歌 TOP10、K-POP TOP10、アニメ TOP10ランキングも発表されている。なお、調査期間が2019年1月1日〜12月31日の確定版は、2020年1月に株式会社第一興商のコーポレートサイトにて発表される。

▲楽曲別 TOP50

▲演歌 TOP10

▲K-POP TOP10

▲アニメ TOP10

■米津玄師コメント

Q. DAM年間カラオケランキング2019(総合)の楽曲別にて2年連続1位、週間カラオケランキング84週連続1位という記録を樹立されたご感想を教えてください。
A.とても光栄です。この曲を作ったのが遠い昔のことのような気分でいます。これからも続くであろう長い人生の中で、このような得難い経験をさせてもらったことに感謝の気持ちでいっぱいです。

Q.カラオケではどのような曲を歌いますか。
A.毎回歌うのは和田光司さんの「Butter-Fly」です。自分の曲を入れられて歌うこともあります。最近は、「灰色と青」を友達と一緒に歌ったりします。

Q.米津さんの楽曲を歌う多くのカラオケユーザーに向けて、ひと言お願いします。
A.自分の曲は、歌いづらいものが多いと思うのですが、それでも歌ってくれる方には愛を感じます。本当にありがとうございます。
この記事をツイート

この記事の関連情報