岸田繁、「そばを食べれば」が <特別展 天空ノ鉄道物語>で999枚再販

ツイート


くるりのフロントマンであり作曲家の岸田繁による楽曲「そばを食べれば」と、12月3日より六本木ヒルズ森タワー52階で開かれる<特別展 天空ノ鉄道物語>のコラボレーションが決定した。

◆岸田繁 画像

2017年に発表されたこの楽曲は、JR東日本高崎・⻑野・新潟支社が開催した「スキです。駅そばキャンペーン 2017」のキャンペーンソングとして岸田が書き下ろした楽曲だ。当時は上信越エリアの駅そば店6店舗の券売機でのみ入手できる特別メニューとしてCDが販売された。今回、JR7社や東京メトロ、東京都交通局をはじめ全国の鉄道会社が全面協力するこの特別展とのコラボレーションが実現する。この展覧会の会場のみで、「そばを食べれば」のCDが蒸気機関車と縁の深い999枚限定で再販売される。



■岸田繁「そばを食べれば」

https://lnk.to/sobawotabereba
「特別展 天空ノ鉄道物語」会場で999枚限定販売
CD販売価格:550円(税込)

■「特別展 天空ノ鉄道物語」

会期:2019年12月3日(火)〜2020年3月22日(日)
時間:10:00〜20:00 *火曜日のみ10:00〜17:00、入館は閉館の45分前まで
会場:森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー
https://www.tentetsuten.com/

この記事をツイート

この記事の関連情報