スティーヴィー・レイ・ヴォーンのアイコニックなストラトキャスターがレリックフィニッシュで登場

ツイート

伝説的なブルースギタリスト、スティーヴィー・レイ・ヴォーンのアーティストシグネイチャーモデル「Stevie Ray Vaughan Signature Stratocaster Relic」がフェンダーより登場。11月22日より全国のFender Custom Shop正規取扱店で販売が開始される。


2019年8月にFender Custom ShopのArtistコレクションスタンダードモデルとしてラインナップに加わった「Stevie Ray Vaughan Signature Stratocaster」に、長年ステージで使い込まれてきたかのようなリアルな風合いが特徴のレリックフィニッシュを施したのが、今回発売となる「Stevie Ray Vaughan Signature Stratocaster Relic」だ。

シグネイチャーモデルの開発にあたり、レイ・ヴォーンは自身の起伏の激しい独特のトーンを駆使しながらも常に計算されたプレイスタイルに合わせて、大胆にモデファイされたStratocasterの実現を目指した。その際にFender Custom Shopで新設計した、高出力かつ真のフェンダートーンを備えたピックアップが“Texas Special”。これまでにも多くのモデルで採用されているTexas Pickupだが、今回のモデルには、そのピックアップを基にしながら、特別にFender Custom Shop専属のピックアップ職人がフェンダー伝統のハンドワウンド製法により丹念に作り上げた“Texas Special Pickup”が搭載されている。


また、レイ・ヴォーンのヒーローであるジミ・ヘンドリックスに対するオマージュとして、レイ・ヴォーンが右利き用のギターに左利き用のトレモロブリッジを載せ替えていたことから、シグネイチャーモデルでは彼が一切のストレスを抱かずにレフティの一でもアーミングできるよう工夫が凝らされている。

ボディは重量と木目を厳選した2ピースアルダー材を使用。そして長年使い込まれたような風合いのレリックラッカーフィニッシュは、プレイし続けるほどに弾き手の特徴に合わせてさらなるエイジングが加わっていく。さらに追柾目メイプル材ネックは、レイ・ヴォーンのメインギターが作られた時期でもある1960年代の代表的なプロファイルである“OVAL C”シェイプを基調に、1弦側を少しだけ薄くすることでベンドする際に天高く突き抜けるトーンが得られるよう設計。妥協のない徹底したプロファイルによって、彼が愛したギターのフィーリングを忠実に再現したモデルに仕上がっている。



その他、クローゼットクラシックのゴールドハードウェア、5ウェイスイッチング、ヴィンテージスタイルのワイヤリング、3プライのブラック“SRV”ピックガード、ヴィンテージスタイルチューナー、ローズウッド指板、ボーンナット、ウィング型ストリングツリーをフィーチャー。デラックスハードケースとオリジナルストラップ、認定証が付属する。

製品情報

◆Stevie Ray Vaughan Signature Stratocaster Relic
カラー:3-Color Sunburst
指板:Rosewood Fingerboard
価格:627,000円(税別)
発売日:2019年11月22日

関連画像&映像

◆FENDER 画像&映像
この記事をツイート

この記事の関連情報