スクエアプッシャー、5年ぶりの最新アルバム『BE UP A HELLO』を1月31日リリース&先行シングルと自身が手がけたリミックスを同時解禁

ツイート

常に新しい響きと新たな試みを求め、リスナーに驚きと衝撃を与え続けている唯一無二のアーティスト、スクエアプッシャーが5年ぶりとなる最新作『Be Up A Hello』のリリースを発表、先行シングル「Vortrack」、そして自らがリミックスした「Vortrack(Fracture Remix)」が同時解禁された。この2曲を収録した12インチは、アルバムに先駆け12月6日(金)にリリースされる。



Warp Recordsが30周年を迎えた2019年、レーベルメイトのワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ビビオとともに3都市を巡った30周年記念イベント<WXAXRXP DJS>では、自身の楽曲群を用いて「もはやライブでは?」と思わせるほどアッパーな高速ドリルンベースセットを披露し、満員のオーディエンスを熱狂させたことも記憶に新しいスクエアプッシャー。そのセットにも組み込まれていた未発表の新曲も本作『Be Up A Hello』に収録となる。

狂気じみたそのパフォーマンスには、直感と初期衝動に従って一気に完成させたというこの最新作の存在があり、本作を特徴付けた大きな要因に、90年代のアナログ機材を多用したという事実がある。エレクトロニックミュージックに目覚めた当時の思いや記憶を綴った日記のようでもあり、いつになくメロディアスで聞きやすい曲もあるのは確かだ。しかし、やはりその内容はスクエアプッシャーの音楽以外のなにものでもない。強烈で、スピーディで、目まぐるしくて、刺激的で、先の予測のつかないスクエアプッシャーの音楽だ。そして映像クリエイターのザック・ノーマンとトム自身がデザインしたアルバムジャケットには、『Do You Know Squarepusher』以来初めて、スクエアプッシャーのアイコニックなロゴも登場する。

■スクエアプッシャー コメント

自分がエレクトロニックミュージックを書き始めたころ、つまり90年代に自分が使っていた、そういう機材を使って新作を作りたいと思った。とにかくやりたかったのは、何かに取り組み、仕上げ、そして次に進む、ということ。今回のアルバムは直球で、インパクトに満ちた響きにしたかったんだ。


なお最新アルバム『Be Up A Hello』は、2020年1月31日(金)発売。国内盤にはボーナストラックが追加収録され、解説書が封入させる。また数量限定でオリジナルTシャツセットも発売決定となっている。


『Be Up A Hello』

2020年1月31日(金)リリース
国内盤CD BRC-624 ¥2,200+税
国内盤CD+Tシャツ BRC-624T ¥5,500+税
国内盤特典:ボーナストラック追加収録/解説書封入
Warp Records / Beat Records

◆beatink オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報