ユナク(SUPERNOVA)プロデュースのアイドル育成プロジェクト「G-EGG」、本格始動

ツイート

後列左から:テフン/ウォンシク/パクハ/高田晃宏/桝谷昴洸/米丸日向/コゴン/ウス/崎濱秀哉/西川拓毅/石坂太一
前列左から:ヨンウク/長橋秀行/工藤翔平/シヒョク/カン ヒョンス/ユナク(PD)/ゴンミン/武井冬威/パク ユンソル/三浦史也/ヒド

SUPERNOVAのリーダー・ユナクが発起人でありプロデューサーを務めるプロジェクト「G-EGG」が11月23日(土)、東京・LINE CUBE SHIBUYAにて会見とショーケースを行った。

◆ユナク 画像

G-EGGは“Global Egg(グローバルアイドルの卵)”の意味を持つ、日本発の日韓合同グローバルアイドル育成プロジェクト。会見にはユナクと、彼自身が実際に各地へ出向き、直感と人柄を重視して選んだという日韓21人の参加メンバー(G-EGG生)が登場し、それぞれこのプロジェクトに参加した思いなどを語った。

3年ほど前からG-EGGの構想を練っていたというユナクは、このプロジェクトを通じて世界に通用するグローバルアイドルが作られていく過程と、G-EGG生が成長していく姿を見てほしいと思いを明かした。


▲ユナク

また、G-EGGから誕生するグローバルアイドルグループは2020年春のデビューを目指しており、ユナク自身が13年の日韓芸能生活で培ってきたアーティストしての視点と、ファンからの支持、各界のプロフェッショナルからのアドバイスなどを考慮して選抜されていくことも発表された。

会見に続いて行われたショーケースは、1万人以上の応募から抽選で選ばれた約2000人の観客を無料招待して開催。観客たちは、ダンス、ボーカル、パフォーマンスの各界のプロフェッショナルな審査員とともに、G-EGG生21名のソロパフォーマンスを見守った。

日本と韓国、J-POPとK-POPという2つの文化を融合することで、さらに多くの人から愛されるグローバルアイドルを作ろうという今回のプロジェクト。全員で集まったのはまだ数回という彼らだが、これから全員参加で行われるという合宿や、ミッション、レッスンなどを通じて、お互いに切磋琢磨し、成長していく姿を見せてくれるだろうという期待が高まる、そんなショーケースとなった。

なお、彼らがデビューするまでの模様を追いかける番組が、Mnet Japanにて2020年2月より、東海放送にて2020年春より放送開始予定となっている。

■日本発!NEWプロジェクト グローバルアイドル発掘xリアル成長ストーリー「G-EGG」

【Showcase/会見】
2019年11月23日(土)東京・LINE CUBE SHIBUYA

【放送情報(予定)】
Mnet Japan 2020年2月~
東海放送 2020年春~

この記事をツイート

この記事の関連情報