シド、東京国際フォーラムにて「SID TOUR 2019 -承認欲求- FINAL」公演を無事に終了

ツイート

シドが11月21日、東京国際フォーラム ホールAにて、アルバム『承認欲求』を携えた全国ホールツアー「SID TOUR 2019 -承認欲求- FINAL」公演を開催。そのステージで、新たなシドのライブを見せる場所として2020年5月9日(土)、10日(日)山梨・河口湖ステラシアターにて「SID LIVE 2020 -Star Forest-」を開催することを発表した。

一冊の本を読み終えたような、充実した読後感のあるライブだった。


──“あなたをあなたと認めてくれるものは何ですか?”“僕たちは誰ですか?”“あなたは誰ですか?”──

ステージ前面に貼られた大きなスクリーン幕。そこに問いかけのメッセージが打ち出された。これは誰でもない“あなた”へのメッセージなんだと、その後に映し出された様々なSNSの見慣れたアイコンが、ステージと観客一人一人のリアルを繋ぐ。それまで期待に沸いていた場内が、水を打ったように静まり返った。静寂の中、スタートしたのは「承認欲求」。演奏するメンバーはスクリーンの向こう側。一つ幕を隔てた距離感は、この「承認欲求」の歌のようにむき出しの“リアル”を覆ったサウンドと、映し出される歌詞と映像が相まって、まるでドラマかアニメのオープニングを見ているような感覚に陥った。続く「see through」のイントロで幕が開き、ファンキーなグルーヴを奏でるメンバーが姿を見せた。もともとアルバム『承認欲求』はコンセプトアルバムではなかったが、こうしてツアータイトルになり、新旧の楽曲の歌詞とオリジナルの詩という“言葉”をメッセージとして放つことで、コンセプチュアルなステージを作り上げた。「螺旋のユメ」や「MUSIC」といった人気のライブ曲も、このラインナップに入ると、よりメッセージ性が強まった気がする。マオの柔らかで温かみのある歌が響いたのは「2月」「手」「淡い足跡」のミディアムナンバー3曲。「手」ではShinjiが奏でるアイリッシュなサウンドが、その世界観へと引き込んだ。


中盤ではこの日のために作ったという新曲「delete」を披露。明希のダウンピッキングによる重厚なビートが印象的な、スリリングなビートナンバーだ。ゆうやもドラムセットから降り、アコースティックスタイルで聴かせた「ポジティブの魔法」では、左右に並びプレイするメンバーに歌いながら絡んでいくマオの姿に笑いが起こる。音源ではしっとりとした印象のある曲なのに、たちまち愛らしい曲に変わった。こういうライブならではの印象の変化も楽しい。そして、ゆうやのタイトなリズムが焦燥感をかき立てる「Blood Vessel」を皮切りに、「プロポーズ」「park」とアッパーチューンを畳み掛ける。激しいヘドバンで乱れた会場を見て、「今日もすごかったね。風の強い日のゴルフ場みたいだった」とマオ。秀逸なコメントで和ませると、光溢れるミディアムナンバー「その未来へ」へ。メンバー4人と観客との大合唱で、一つの大団円を迎えた。ステージ前にゆっくりスクリーンが降り、本編ラストの「涙雨」。雨の映像と共に歌詞がポツポツと降り落ちる。そこに流れるエモーショナルなサウンドと歌声。なんともドラマティックなラストだった。圧倒的な余韻に身動きできなかったのだろうか。大きな拍手が沸き上がったのは、演奏が終わってメンバーがステージを去り、一瞬の沈黙が流れた後のことだった。


アンコールを受けてステージに戻ってきたメンバーは、ツアーTシャツに着替えてラフなスタイルで「デアイ=キセキ」「循環」「ドラマ」「エール」と聴かせた。そして迎えたエンディング。冒頭に出た問い掛けに対し、シドはちゃんと音楽で答えを出す。

──“あなたにとって僕たちは、必要ですか?”“あなたが認めたあなたに認めてほしい”“それが僕たちの承認欲求”──


心理学において、“承認欲求”からの脱却に必要なのは“自己肯定”だと言われる。このメッセージの後、最後に鳴らしたのは「君色の朝」。〈眠ってる力を信じたぶんだけ 僕たちはまた色を纏う〉。マオの伸びやかな歌声と、それに寄り添うたおやかなバンドアンサンブルで放たれたメッセージが、心の中に染み込んでいく。日々、たくさんの言葉が流れていく中で、きっとシドの音楽は“信じられる”ものなのだろう。ステージから放たれるメッセージをじっと見つめ、真摯に耳を傾ける観客の姿がとても印象に残っている。彼らは明日、どんな色の朝を迎えるのだろうか。この曲を胸にワクワクしてほしい。そんなふうに思えたのも、このステージでシドがかけた“ポジティブの魔法”のせいなのかもしれない。


最後にステージに残ったマオは、「何が起こってもやれるんだなと、じんわり心にしみたツアーでした。本当に僕たちにとってやってよかったツアーでした」とツアーを振り返った。そして、延期になっている2公演に向けて「あと2本、今までに見せたことのないような俺の“伸び”を見せるから、期待してて」と語っていた。終演後、延期になっていた2公演と、2020年5月9日(土)、10日(日)に山梨・河口湖ステラシアターで開催される「SID LIVE 2020 -Star Forest-」が告知された。マオの言う“伸び”がどんなものか気になるところだし、野外ステージで彼らがどんなパフォーマンスを見せるのか楽しみである。それと共に、18年目に向けてスタートを切ったシドの新章に期待したい。



文・大窪由香
写真・西槇太一

SET LIST

SID TOUR 2019 -承認欲求- FINAL
2019年11月21日(木) 東京国際フォーラム ホールA
SET LIST
01 承認欲求
02 see through
03 螺旋のユメ
04 MUSIC
05 2月
06 手
07 淡い足跡
08 罠
09 delete(新曲)
10 Trick
11 ポジティブの魔法
12 青
13 Blood Vessel
14 プロポーズ
15 park
16 その未来へ
17 涙雨
En01 デアイ=キセキ
En02 循環
En03 ドラマ
En04 エール
En05 君色の朝

ライブ・イベント情報

SID LIVE 2020 -Star Forest-
2020年5月9日(土) 河口湖ステラシアター
2020年5月10日(日) 河口湖ステラシアター
詳細は後日発表

▼ホールツアー情報
SID TOUR 2019 -承認欲求- 振替公演
2019年12月29日(日) 埼玉 / 大宮ソニックシティ  OPEN 17:00 / START 18:00
2020年1月5日(日) 宮城 / 東京エレクトロンホール宮城  OPEN 17:00 / START 18:00
【プレイガイド先着先行】
ローソンチケット https://l-tike.com/search/?keyword=23033イープラス https://eplus.jp/sid/
チケットぴあ https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1952765
受付期間 2019年11月14日(木) 19:00~11月24日(日) 23:59
※クレジットカード決済のみ
この記事をツイート

この記事の関連情報