現代のテクノを創り上げたスーパースター、リッチー・ホウティンが表参道VENTに登場

ツイート

90年代から現代に至るまで、”テクノ”という音楽ジャンルをさらに大きなものにし、今もなお最前線を突き進む、シーンを象徴するスーパースター、リッチー・ホウティンが12月13日の表参道VENTに初登場する。

リッチー・ホウティンは紛れもなくオリジナルな存在だ。ファインアートのイノベーターとしても、テクノロジーのパイオニアとしても、彼のクリエイティブは非常に高く評価されてきた。イギリスに生まれカナダで育った彼は、Plus8やMINUS Recordsのビジネスを司り、90年代のスピーディJから2010年代のガイザーに至るまで多くの才能を育ててきた。アーティストとしてはリッチー・ホウティン名義だけではなく、Plastikmanの名義でも大きな活躍を見せ、アンダーグラウンドのものであったアヴァンギャルドなエレクトロニックミュージックをより大きなマーケットへと押し広げてきた。テクノだけでなくEDMに至るまで、幅の広いエレクトロニックミュージックのアーティストにとっても多大な影響を残してきたのだ。

人気レーベルMuteの創設者、ダニエル・ミラーはリッチー・ホウティンのことを「“リーダー”であって“開拓者”である」と評し、New York Times誌は「エレクトロニックダンスの世界における知的推進力のひとり」と評した。それだけではなく、別ジャンルからの称賛もリッチーの影響力を知ることができるだろう。人気のファッションデザイナーのラフ・シモンズは「今日のクラフトワークだ」と語るほど、音楽の領域を超えてその存在感を示している。

音楽やアートだけでなく、テクノロジーの発展にもそのクリエイティビティを発揮し、Ableton Liveや、Native InstrumentsのTraktor Scratchの初期開発プログラムや、アブリの開発などにも尽力し、音楽とアートとテクノロジーを融合させるイベントもいち早く開催してきた。全速力で前に進み、常に何かを成し遂げてきたリッチー・ホウティン。2019年暮れの東京、表参道VENTにて、テクノを象徴する存在が、どんな未来をオーディエンスに提示してくれるのか?今から楽しみでならない。


<- Richie Hawtin ->

2019年12月13日(金)
表参道VENT
OPEN : 23:00
DOOR : ¥4,500 / FB discount : ¥4,000 ADVANCED TICKET:¥3,800 https://jp.residentadvisor.net/events/1353825
※前売り券が完売した場合は当日券の販売や各種SNS割り引きはございませんので、お早めのご購入をお勧め致します。

■Room1
Richie Hawtin
And more

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

◆VENT オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報