【インタビュー&レポ】Jewel☆Neige、「Snow Memories」に込めた思い

ツイート

“煌めくジュエルは希望の光”をキャッチフレーズに、冬や雪をテーマにした世界観を掲げて活動中のJewel☆Neige。今年2019年4月に「Snow Flake Remind」でメジャーデビューを果たした彼女達が、12月11日、2ndシングルとなる「Snow Memories」をリリースした。取材日当日は新曲の発売日、そしてリリースイベントも行われるということで、メンバーへのインタビューとともにリリースイベントのレポートも実施。ぜひ併せてチェックしてほしい。

  ◆  ◆  ◆

■和田帆乃夏の卒業

──2019年、皆さんにとってはどんな一年でしたか?

倉田かすみ:やっぱり、メジャーデビューできたことがすごく大きかったです。お仕事の幅もすごく広がったんですよ。テレビやラジオ番組への出演だったり、こういう取材もそう。凛ちゃん(涼掛)は映画(山嵜晋平監督作品『FIND』)に出たりもして、どんどんパワーアップしてるなって感じられる1年でした。

涼掛凛:この1年、本当にあっという間だった気がします。1stシングルを4月に出させていただいて、12月には早くも2ndシングルということで、年内に2作品リリースできたんですね。これは本当に嬉しかったです。

青山玲奈:今年1月にキングレコードに所属することを発表して、2月に小林杏実ちゃんがグループに入ってきました。新しいJewel☆Neigeとしてのメジャーデビューだったのでワクワクとドキドキ、そしてこれからが本当に勝負だぞという気持ちでいっぱいでしたね。今日がその2ndシングルの発売日なんですが(※取材時)、今本当に嬉しいし楽しいです!

中川梨来:昨日がフラゲ日だったから夜に配信をしていたんですけど、手元に届いたよとか、もういっぱい聴いてるよって声がたくさんあって、すごく嬉しいなって思いました。

松田あゆな:私達、普段は雪のアイドルグループとして活動をしているんですが、夏はちょっとポップな感じの衣装で、ポップな曲をやったりもしたんですね。今年の初めには想像もしていなかった展開でしたが、また新しいJewel☆Neigeが見せられたんじゃないかなと思っています。ちなみにその時にお披露目したのが、今回のシングルにも収録されている「Alice」という曲です。

▲涼掛凛

──今皆さんのお話に出たのが、2ndシングル「Snow Memories」ですね。

小林杏実:こうしてまた同じメンバーでシングルを出させていただけるのは決して当たり前のことではないので、本当に嬉しく思っています。

和田帆乃夏:私は卒業が決まっているので、このメンバーで新曲をリリースできることがすごく嬉しいです。本当に大好きなメンバーなんですよ。ありがたいことだなと思いながら、リリースイベントをやらせてもらっています。

▲和田帆乃香

倉田:12月、この“冬”っていう季節に出せるのも嬉しいんですよ。

松田:そう。1stシングルの「Snow Flake Remind」は春だったので。

──ではその「Snow Memories」ですが、最初に聴いた時の印象などはどうでしたか?

涼掛:「繋いだ手を離さないで」という歌詞がすごく印象的でした。私はいつも、ファンの人にずっと私達のことを見ててほしいな、繋いだ手を離さないでねって気持ちで歌っています。

青山:最初に聴いた時はすごくキラキラしていて、可愛らしくて、ファンの方に向けてしっかり届けていきたい曲だなって思いました。でもリリースイベントでこの曲を披露したあとにほのちゃん(和田)の卒業発表があり、その後改めて歌っていると、本当にこのメンバーとこの歌詞を歌うことができてよかったなという思いが込み上げてきたんですよね。ほのちゃんが歌う部分がグッとくるんです。

和田:「明日からもすぐ隣に いられる気がしちゃうよ」っていう歌詞があるんです。この曲をいただいた時はまだ、卒業するとは言っていなかったのに……(涙が溢れ出す)。メンバーってずっとそばにいてくれた存在だから、この曲を歌っていると、卒業しても変わらずいられるような気持ちになっちゃうんですよね。

倉田:オチサビもほのちゃんが歌っているんですけど、「見失ってしまいそうな時は いつでも思い出して」って。ここは聴くたびにいつも切なくて、胸が苦しくなっちゃいます。ほのちゃんのこと、絶対に思い出します。

和田:すみません、こんなに泣いちゃって(笑)。でもこの曲、本当に大好きなんです。私、表題曲で初めてソロをもらったんですよ。そういう意味でも大切な1曲なんです。

青山:この曲は、振り付けにも注目してほしいんですよ。メンバーみんながほのちゃんのことを呼んで、ほのちゃんがこっちに歩いてきてニコッてするところがあるんですね。ほのちゃんが卒業した後のことなんて全然考えてないし考えたくもないんですが、そういう振り付けひとつやっていても、いなくなっちゃうのかと思うとすごく切なくて。だからこそ1回1回、大事に歌っていきたいなって思っています。

▲青山玲奈

──MV撮影のエピソードは何かありますか?

松田:見どころは、なんと言ってもスノーマシンで雪を降らせているところです。

倉田:雪が細かくて、口とか鼻に入るとむせちゃいそうになるんですね。それを何度も何度も降らせるので、撮影中は吸い込んでむせないようにしながら笑顔で頑張りました(笑)。



青山:外のシーンも綺麗だけど、室内もすごかったんですよ。もとはいわゆる倉庫みたいな場所だったんですが、美術さんがすごく素敵に飾り付けてくださって。

涼掛:幻想的にね。

和田:初めて入った時は、タイヤとか普通に置いてあって、ここで!?みたいな感じだったのに。

中川:誰かがケンカしてそうな場所(笑)。

倉田:(笑)。美術スタッフさんって本当にすごいなって、改めて思いました。

松田:細かいところまでぜひ見てほしいです。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報