【インタビュー】結成20周年のZIGZO、高野 哲×RYO「 再結成バンドが解散するというのは詐欺っぽくて、嫌じゃないですか(笑)」

ツイート


僅か3年弱で活動に終止符を打ち、10年を経て復活し、多数のリスナーを魅了しているZIGZO。それは、運や偶然などによるものではない。第一弾ではリズム隊のDEN(Ba)とSAKURA(Dr)によるインタビューをお届けしたが、続く本記事では高野 哲(Vo&Gu)とRYO(Gu)を直撃。ふたりの言葉からはZIGZOの音楽やバンドに対する真摯な姿勢が伝わってきた。

■解散した後も毎年RYO君プロデュースで、お花見をしていたんです(笑)(高野)

── ZIGZOは1999年から2001年にかけて活動した後に解散しますが、2012年に再結成を果たし、今年結成20周年を迎えました。まずは、再始動に至った流れなどを、あらためて話していただけますか。

RYO:再結成に至るまでは、実は結構時間がかかったんです。ZIGZOが解散してから5年、6年と時間が過ぎていったころには、そろそろもう一度やるのも“あり”じゃないかなという空気になっていたんです。ずっと、メンバーみんなで年に1回は顔を合わせていたし。

高野:毎年RYO君のプロデュースで、お花見をしていたんです。『オリジン弁当』とかのデカい折を、RYO君が用意してくれるという(笑)。RYO君とDENさんはtest-No.をやっているから何度かライブを観にいったし、SAKURAさんがLion Headsというソロプロジェクトをやった時に鍵盤をトオルちゃん(吉田トオル)が弾いていて、2人と同時に会えるから観にいったり。そんなふうに、交流はあったんですよ。

RYO:俺とDENがバンドのプロデュースをする時に鍵盤が必要だからといって吉田トオルを呼んだり、ドラムのことでわからないことがあるとSAKURAに電話して聞いたりしていて。だから、自然と流れができたのかなという気がしますね。4人の気持ちが揃うのかどうかというところでみんな不安はあったと思うけど、それをどうやって解消したかというと、居酒屋に集まって酒を酌み交わしながら話をして会話がなり立つか、なり立たないか様子を見たという(笑)。それが、一番大事なところだから。それを1回で終わらせるんじゃなくて、月1くらいで会うようになったんです。

高野:そういう中で、2010年に高円寺の『ShowBoat』でSAKURAさんとRYO君、DENさんが一緒にライブをしたことがあって、俺とトオルちゃんで遊びにいって。すごく楽しそうだなと思って観ていたら、トオルちゃんが“あんた、ここで歌ってたんやで”と言ったんですよ。その瞬間は“そうかぁ…”という軽いノスタルジーくらいの感じだったけど、打ち上げで俺が酔っぱらって“1回でいいから、ちょっとZIGZOやろうか”と言ったんです。たぶん俺がやると言いださないとダメなやつなんだろうなと思っていたから(笑)。一度解散したバンドは、ボーカルがやると言わないとやらないみたいなところがあるじゃないですか。ロックバンドはボーカルが最終的に出口にならないといけないというところで、責任を背負っているから。それをうちのメンバーもわかっているから、俺が責任を取ると言わないと、“もう1度”はない。だから、俺がやろうといえば1回くらい同窓会ライブみたいなことができると思って、口に出したんです。


取材:村上孝之

■<ZIGZO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019>

11月30日(土) 群馬・高崎clubFLEEZ
12月01日(日) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
[2020年]
1月19日(日) 東京・赤坂マイナビ BLITZ

マイナビBLITZ赤坂公演チケット情報
1Fスタンディング:前売¥5,500(税込)※ドリンク代別
※マイナビBLITZ赤坂公演チケット情報ページ
https://diskgarage.com/ticket/detail/no082873

<その他チケット情報ページ>
高崎clubFLEEZ公演:https://diskgarage.com/ticket/detail/no082017

水戸LIGHT HOUSE:https://diskgarage.com/ticket/detail/no082016

DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報