全米アルバム・チャート、トリッピー・レッドが初の1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ラッパー、トリッピー・レッドの新ミックステープ『A Love Letter To You 4』が初登場で1位に輝いた。これまでの最高位は、2018年リリースの『A Love Letter To You 3』と今年8月に発表した2枚目のスタジオ・アルバム『!』の3位で、彼にとって初の全米No.1となった。

◆『A Love Letter To You 4』画像

2位には、カントリー歌手ジェイソン・アルディーンの9枚目のスタジオ・アルバム『9』が初登場。『Frozen 2(アナと雪の女王2)』のサウンドトラックが、リリース2週目にして15位から3位へ急上昇した。

今週、全英で初登場1位を獲得したコールドプレイの新作『Everyday Life』は全米では7位をマークした。コールドプレイはデビュー作『Parachutes』(2000年 最高51位)を除いたスタジオ・アルバム7枚が全米トップ10入りし、『X&Y』(2005年)から『Viva la Vida or Death and All His Friends』(2008年)、『Mylo Xyloto』(2011年)、『Ghost Stories』(2014年)まで4枚連続で1位を獲得した。本国イギリスでは8枚全てのスタジオ・アルバムが1位に輝いている。

今週の全米アルバム・チャートは、このほか、2月に殺人容疑で起訴され拘置中のラッパーYNW Mellyのデビュー・スタジオ・アルバム『Melly vs. Melvin』(8位)が新たにトップ10入りした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報