令和初の年越しはテクノで迎える、<VISION NEW YEARS EVE PARTY COUNTDOWN to 2020>開催

ツイート

渋谷SOUND MUSEUM VISIONの大晦日に<VISION NEW YEARS EVE PARTY COUNTDOWN to 2020>が行われる。

昨年はデリック・メイを招聘し、大いに話題を呼んだVISIONのカウントダウンパーティは平成最後を飾るにふさわしい、メモリアルなギグであった。そして今年は、年号が令和に変わってから初の年越しである。そんな記念すべき夜にVISIONを染め上げるのは、現行テクノシーンを代表するダブルヘッドライナー、UKからマヤ・ジェーン・コールズ、ドイツからアンヤ・シュナイダーが登場する。


UKの『Mixmag』を筆頭に、各所で高い評価を受けるマヤ・ジェーン・コールズ。同誌のほか、『DJ Mag』、『Trax』、『Groove』、『Vicious』など、さまざまな媒体で複数回にわたり表紙を飾っている。DJとしてだけでなく、プロデューサーとしても全幅の信頼を置かれており、BonoboやThe xx、Little DragonにSiaなど、ジャンルを問わず超一流のアーティストからラブコールが絶えない。今年の11月1日にリリースされたNocturnal Sunshine名義でのニューアルバム『Full Circle』も、目下絶賛されているのはご存知の通り。


一方のアンヤ・シュナイダーは、DJのほか、プロデューサー、ラジオプレゼンター、レーベル主宰など、さまざまな顔を持つ。2005年にレーベル“Mobilee Records”を共同設立したことで広く知られている彼女は、2017年に同レーベルを離れ、“極めて個人的な”プロジェクト「Sous Music」を発足させた。長いキャリアを開拓しながらもなお、現在も日夜挑戦を続けている。


なお、ふたりを迎え撃つ日本勢もDrunken Kongを筆頭に辣腕揃いだ。新時代、令和。既に開幕の時は過ぎ、創成の段階に入った。来るべき未来に向かって、大みそかの夜を踊り明かそう。

<VISION NEW YEARS EVE PARTY COUNTDOWN to 2020>

2019年12月31日(火)
渋谷SOUND MUSEUM VISION
OPEN 21:00

3500YEN - 21:00-23:00
5000YEN - 23:00-03:30
3500YEN - 03:30-Close
2500YEN - UNDER 23
3500YEN - ADV

You must be 20 or over with Photo ID to enter.
本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。 年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明証をお持ち下さい。

■GAIA
SPECIAL GUEST:MAYA JANE COLES
GUEST DJ:DRUNKEN KONG(Tronic)/MAYUDEPTH(四季協会| MOTORPOOL )

■DEEP
SPECIAL GUEST:Anja Schneider
GUEST DJ:ISHIJIMA
DJs:DJ SAIMURA(TECHVANE/Minima Liebenz/THIRDEYE)

◆SOUND MUSEUM VISION オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報