ミオヤマザキ、横アリ映像化プロジェクトをクラウドファンディングで起ち上げ

ツイート

ミオヤマザキが、1月11日に開催される横浜アリーナ公演を映像化することを発表した。映像化プロジェクトはクラウドファンディングCAMPFIREで12月10日からスタートする。

今回のプロジェクトは、ミオヤマザキ史上最大の挑戦となる横浜アリーナのライブを、ファンも含めて全員で戦いに行きたいという強い気持ちと、最大のライブに対して最高クオリティの作品を残したいという思いから起ち上げられた。

ミオヤマザキは本件について「過去最大で、当日来れない人もいて、DVDにしないのですか?という意見が47都道府県ツアーをやっている最中あって、なんとかみんなに届けたいという気持ちになりました。そして、ミオヤマザキ史上最大の挑戦となる横浜アリーナのスレをみんなで一緒に世の中に作品として残したい。私達がここに居た証を残したい。」とコメントしている。

募集期間は2020年1月25日まで。リターン内容には「エンドクレジットに自分の名前が掲載される」「オリジナルグッズをプレゼント」といった従来のリターンだけでなく、「メンバーと釣りができる」「遊園地デートに行ける」などいユニークなものもラインナップされている。


■ミオヤマザキワンマンライブ<私を愛してくれないなら死んで>

2020年1月11日(土)横浜アリーナ
特設サイト
http://toilandmoil.co.jp/mioyamazaki/0111yokoari/

この記事をツイート

この記事の関連情報