BACK-ON×大阪☆春夏秋冬、異色の2マンライブ「最高の瞬間を!」

ツイート

大阪☆春夏秋冬とBACK-ONが、12月4日に新宿ロフトで初の2マンライブを開催した。

◆ライブ画像

最初に登場したのはBACK-ON。1曲目はYouTubeにて公開され、謎のサラリーマンが逆再生で踊り狂う姿が話題となっている新曲「Good morning」を披露。続け様にサポートドラマー・誇太朗のドラムから始まる最近の定番曲「Switch」を演奏。KENJI03(Vo/G)が弾くギターのリフにドラムのビートが重なり、TEEDA(MC)のラップで会場をおおいに盛り上げた。

MCのあとに始まったはHouse of Painの「Jump Around」のカバーだ。「Misty rain」ではKENJI03もギターを置いて2MCとなるスタイルで、2人がステージを所狭しと動きまわり、観客を魅了。KENJI03の「この時間を共有してくれたみなさん、ありがとう」という言葉から弾き語りで始まったのは「flower」。会場にいる一人一人に届けるかのような歌声が会場内に広がり、穏やかな空気を送り込んだ。


更に海外からの評価も高い、琴から始まるイントロが印象的な「Clown」から、今年3月に配信したカバーEPに収録されたSPICE GIRLSの「Wannabe」と繋ぎ、誰もが知る名曲をロックサウンドとキレのあるラップのアレンジで魅せる。「限界なんてない」というフレーズから始まる「セルリアン」から「ニブンノイチ」「Carry on」とキラーチューンの連投で会場を盛り上げ、次に登場する大阪☆春化秋冬にバトンを渡した。

大阪☆春夏秋冬は、メンバー全員が拳を突き上げ、JUN SKY WALKER(S)のカバー曲「すてきな夜空」からスタートした。立て続けにアッパーソングの「c’mon!」で煽り、アニメ『フェアリーテイル』オープニング曲「NO-LIMIT」を披露すると会場はすでに最高の盛り上がりに達した。

MCではメンバーのEONが「待ちに待ったBACK-ONさんとの2マンライブ本当に楽しみにしていました。(BACK-ONのパフォーマンスは)楽屋のモニターで見ていて、これだけ(パワーが)伝わるライブであれば“生”で見たらどれだけ凄いか……」と先輩であるBACK-ONのパフォーマンスに刺激を受けた様子で、「私たちももっと気合いを入れて最後まで熱く盛り上げます」とコメントした。


そして、7月にリリースしたミニアルバムの中から「MaKKKKKo Shobu」を披露し、一直線のパフォーマンスで会場を更に盛り上げた。一転、バラード曲「もしも逢えたなら」で会場を優しく包み込み、その後はダンスナンバーの「Dance to the light」へ。曲が始まる前には、メンバー全員から簡単なダンスの振り付けのレクチャーがあり、腰をもっと降って「プリプリ」とさせて下さいと笑いを誘う場面も。一緒に踊ることでオーディエンス達とのコミュニケーションをとるなど、大阪☆春夏秋冬らしい「楽しく」そして「笑い」のあるパフォーマンで、会場を一体にした。

続く「ROK SHOW」ではステージ内をメンバー全員が動き回りながら踊り、オーディエンス達も一緒に踊りながらサビの「ROCK SHOW」を歌うなど、オーディエンス達の「笑顔」がとても印象的なパフォーマンスだった。そして、メンバーのMAINAが「最後の曲です。みなさん手を上げて下さい、最後はこの曲で」と言うとオーディエンス全員が手を上げ、これも7月にリリースしたミニアルバムのリード曲「その手」を披露した。

アンコールでは、大阪☆春夏秋冬がBACK-ONを呼び込み、MAINAが「最高の瞬間を!」と会場を煽りBACK-ONと「STRIKE BACK」を披露。アニメ『フェアリーテイル』の主題歌を担当した同士という繋がりもあり実現した2マンライブで、最後に披露された同アニメのオープニング曲「STRIKE BACK」。BACK-ONの楽曲だ。KENJI03とMAINAのツインボーカルにTEEDAのラップ、そしてMANA、ANNA、EON、YUNA、RUNAがダンスでステージを彩り、観客は一夜限りのスペシャルな演出を堪能し、2マンライブの幕を下ろした。


セットリスト

■BACK-ON
1.Good morning
2.Switch
3.Jump around ※House of Painカバー
4.Misty rain
5.Flower
6.Clown
7.Wannabe ※SPICE GIRLSカバー
8.セルリアン
9.ニブンノイチ
10.Carry on

■大阪☆春夏秋冬
1.すてきな夜空 ※JUN SKY WALKER(S)カバー
2.C’mon!
3.NO-LIMIT
4.Makkkkko Shobu
5.もしも逢えたなら
6.Dance to the light
7.ROCK SHOW
8.その手

アンコール(大阪☆春夏秋冬×BACK-ONコラボ)
1.STRIKE BACK

この記事をツイート

この記事の関連情報