常田大希millennium parade、初の東阪ワンマンで「お気をつけて、おパンクで。愛してるぜ兄弟」

ツイート


12月5日に新木場STUDIO COASTにて、King Gnuの常田大希が率いる“millennium parade”初の東阪ワンマンライブ<millennium parade Live 2019>の東京公演が開催された。

◆ライブ画像

DIORとmillennium paradeによるコラボレーションムービーに書き下ろし、「今までで一番いい曲が書けた。あ、今のところね(笑)」と常田自身が語る新曲「lost and found」、Charaがゲストボーカルをつとめ9月27日に配信されたシングル曲「Stay!!!」、King Gnu「Slumberland」のmillennium paradeバージョンほか、全15曲を披露した。全編にわたって、総勢9名のアーティストによる音楽とクリエイターチームによる3D映像とがシンクロした演出がほどこされ、約2,500人の観客は、その新しい感覚と衝動に突き動かされているような覚醒感が生まれていた。



1曲目「Fly with me」から分厚いビートで惹きつけながら、常田が拡声器で煽り、「WWW」ではイントロでドラムの勢喜遊が立ち上がり踊りまくるなど、メンバーはエモーショナルにステージ上を暴れた。だが一転、ラップ、江﨑文武のジャジーで繊細なピアノの旋律が絡み合うという場面も。また「NEHAN」では、張り詰めた空気の中、常田がダイナミックに指揮をした。









ラップナンバー「SNIP」では会場中が跳ね、「Stay!!!」では音源と趣を変えてermhoiによる力強いボーカルで新たな楽曲の魅力を伝えた。そして、東京の孤独をはかなくも美しく表現した「lost and found」が、本編ラストを飾った。







初ライブとなった5月22日のローンチパーティから3度目のライブであったが、常田のみならず、ステージ上の9名全員がそれぞれの個性を光らせ、映像や技術を担当するクリエイター、スタッフなどクルー一同の勢いがひとつの塊となっていた。ステージは約90分におよび、アンコール「DURA」のラストでは3Dで「極楽」の文字が浮かび上がった。続いて「お気をつけて、おパンクで。愛してるぜ兄弟」のメッセージが映し出されると、会場中が美しい笑顔であふれた。



なお、ライブでも披露した「lost and found」の配信がスタート。あわせて公開されたミュージックビデオは、millennium paradeのクリエイティブメンバーでもあるPERIMETRON(ペリメトロン)による作品だ。millennium paradeとしては初の試みとなるYouTubeプレミア公開が行われ、本人たちもチャットへ参加し、盛り上がりをみせた。


■Artist Photo:SNIPSTYLE/Cocoon/YUSKE MATSUYAMA
■Artist Photo Design : Cota Mori(DWS)
■Live official photos:Ito Kosuke / 小杉歩

この記事をツイート

この記事の関連情報