ジャスティン・ティンバーレイク、共演者との浮気疑惑にコメント

ツイート


ジャスティン・ティンバーレイクが、現在制作中の映画『Palmer』の共演者、女優のアリーシャ・ウェインライトと親密なムードにあると報じられたことに対し声明を出し、家族に謝罪した。

◆ジャスティン・ティンバーレイク画像

ジャスティンとウェインライトは先月、撮影の合間、バーへ飲みに行った際、テーブルの下で手を握り合う姿がパパラッチされた。

ジャスティンはこれに関し、水曜日(12月4日)インスタグラムに以下のような声明を投稿した。

「僕はできるだけゴシップから距離を置くようにしているけど、家族のため、僕が愛する人たちを傷つけている最近の噂について説明しておくのは大事だと思っている。数週間前、僕は大きな判断の誤りをおかした──でも、これははっきりしておきたい──僕と共演者の間には何も起きていない。あの夜、僕は飲み過ぎていて、自分の行ないを後悔している。わかっているべきだった。息子に示したいようなお手本ではない。このような恥ずかしい事態に追い込まれた僕の素晴らしい妻、家族に謝罪する。そしてこの先は、可能な限り良き夫、父親になることに専念する。これはそうではなかった」



関係者は、撮影クルーらも一緒で、2人きりで出かけたわけではなく、彼らの間には何もないと断言しているが、家族が見たい姿ではなかった。

ジャスティンは2012年に女優のジェシカ・ビールと結婚。2015年4月に長男サイラス君が誕生した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報