ピート・タウンゼント、ザ・フーの“失われた”楽曲は「ザ・フーの歴史」

ツイート

前作から13年ぶりとなるザ・フーのニュー・アルバム『WHO』の12月6日発売とともに、デラックス・ヴァージョンに収録される“失われた”楽曲について、ピート・タウンゼントのコメントが公開となった。

本作『WHO』は、ロジャー・ダルトリー本人が自らの最強作と位置付け、「1973年『四重人格』以来最高のアルバムを作り上げたと思う」とコメントする作品だが、アルバムのデラックス・ヴァージョンには、ボーナス・トラックとして、これまで“失われた”楽曲とされていた1966年の2曲「ゴット・ナッシング・トゥ・プルーヴ」と「サンド(デモ)」が収録されるのも大きなポイントだ。

「サンド(デモ)」は3枚組カラー・ヴァイナルのみに収録される曲だが、日本盤CDにもボーナス・トラックとして収録される。

   ◆   ◆   ◆

2曲とも1966年の夏頃にできた曲で、バンドのメンバーには拒絶されなかったかもしれないが、私の創作上のメンターでもあるザ・フーのマネージャー、キット・ランバートが受け入れてくれなかったんだ。1967年に曲がお蔵入りになりそうになったとき、私は「ゴット・ナッシング・トゥ・プルーヴ」を、1965年にマーキーで僕らのサポート・アクトをしてくれたジミー・ジェイムス&ザ・ヴァガボンズに頼んだ。彼に聴いてもらうためにトゥイックナムの自宅でデモテープをかけたのを覚えているよ。彼らのマネージメントをまだピーター・ミーデンが請け負っていた頃だった。彼が我々のPR担当だったのは1964年のほんの短い間だったけど、私は特に影響を受けた。ジミーはこの曲を気に入ってくれて、もっとR&Bっぽくしてテンポを遅く変えてみたらどうかと言ってくれたが、それでも状況は変わらなかった。思うにキットは、この曲が現実世界の私よりもっと年上で、自分に満足しきった男が歌っているように聴こえたんじゃないかな。ロジャーもそう思ったかもしれない。今なら上手くいく。あの頃では駄目だっただろう。デイヴ・サーディと私は、ジョージ・フェントンに、この曲に“スウィング60's”バンド風なアレンジをほどこして、より面白いものにしてくれないか、それにきっちりオースティン・パワーズ的なファンタジーにもしてくれと頼むことにした。その結果、すっかり気に入ったよ。

「サンド」も同じ頃にできた。単純なアイデアから生まれた曲で、夏のビーチでヴァケーション中にロマンスが生まれるんだけど、雨が降る自宅に帰ってくると恋人たちは続かないという内容だ。この曲も、キットはアルバムに入れるのも止めておこうと言ったので、ただしまい込まれていた。私はずっとこの曲を好きだったが、パソコンがもっと有能になって、デモテープに影響するようなテープが伸びる問題なんかを解決できるようになるまで待っていた。私はこの曲を、自宅にあるスタジオで、何となくザ・フーならこの曲をこんなふうに演奏し、こんなふうにレコーディングしただろうと自分で感じるように蘇らせた。そういうわけで、バック・ヴォーカルやリッケンバッカーのエレクトリック・ギターやアコースティックの12弦ギター、それに正確にその時代を思い起こさせるように、フィードバックさせた部分も加えた。これらの2曲は本来なら私のアルバム『スクープ』に入るような曲かもしれないが、私はA&Rのリチャード・オドノヴァンに示したかったんだ。つまり彼なら、そして私も感じていることだが、この2曲が新しいザ・フーのファンに、初期のすべてのザ・フーの曲のようなロー・ファイな方法の良さや、私が自宅のスタジオでワンマン・バンドを経験したときの純粋な喜びを気づかせてくれるだろうと。以前はそういうのが普通だったからね。結局のところ、これはザ・フーの歴史だ。そして、偏執的なコレクターだけに向けられたものでもないんだ。

ピート・タウンゼント

   ◆   ◆   ◆

ニュー・アルバムのリリースに伴い、キース・ムーンの生前最後のパフォーマンスとなった「無法の世界(Won't Get Fooled Again)」と「ババ・オライリー(Baba O'Riley)」の1978年の映像がYouTube上に公開されている。




ザ・フー『WHO』
2019年12月6日発売
CD: UICP-1197 / ¥2,600(税抜)+税
日本盤のみSHM-CD仕様 / 海外デラックス盤ボーナス・トラック3曲収録 /日本盤ボーナス・トラック1曲収録
試聴・予約:https://umj.lnk.to/TheWho_NewAlbum

◆ザ・フー・レーベルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報