ザ・フー、この40年間で最も小規模な会場で特別公演開催

ツイート

ザ・フーが、2月に英国キングストンにあるナイト・クラブPryzmでアコースティック・パフォーマンスを行なうことを発表した。

◆ザ・フー画像

「(ニュー・アルバム)『WHO』──1975年以降のザ・フーの最高傑作のリリースを記念し、ザ・フーはこの40年以上で最も小規模な公演を開く! この日、2月14日は、彼らのリーズでの歴史的なライブの50周年記念日でもある」という。

ザ・フーは1970年2月14日にリーズ大学で公演を開き、それを同年5月、彼ら初となるライブ・アルバム『Live At Leeds』としてリリースした。

Pryzmの収容人数は2,000名だと言われている。



ザ・フーは先週金曜日(12月6日)にニュー・アルバム『WHO』をリリース。英国では、週半ばの集計で、13日に発表されるアルバム・チャートで初登場1位を獲得する可能性があると伝えられている。ライバル、ロビー・ウィリアムスの『The Christmas Present』のセールスを僅かながら上回っているそうだ。

このままいけば、ザ・フーのアルバムが全英1位に輝くのは1971年リリースの5枚目のスタジオ・アルバム『Who’s Next』以来、2作目となる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報